66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

オランダ 引っ越し事情 1

じつは今日ネ、引っ越したの。

住所が定まっていないとビザ申請が出来ないので、今迄の家はやっとの思いでギリギリで決めた家だったけど。

私が1人暮らしの予定が、当分3人で暮らそうと云う事になり、それじゃ手狭なのでもう少し広い家をと不動産屋さんへ行ったのが1ヵ月前。

そうしたら格好の家が見つかったの。

最初に案内された1軒目で私達3人は気に入ってしまった。

 

 不動産屋さん

f:id:adamtomoko:20151108064714j:plain

不動産屋さんは大体どこもこんなカンジ。

日本の不動産屋さんとそっくりネ。

 

今迄の家

f:id:adamtomoko:20151108061612j:plain

外壁修理が3ヶ月も続いていて、ベランダはこの通りうっとうしい足場と養生シート。

せっかくのビューもままならず。それでもあまり夕日が綺麗だったので撮ったヨ。

この長かった工事も越す前日に、あれッと思ったらシートが取り払われていたの。

皮肉ヨネー。

 

ベルギー・チョコレート

f:id:adamtomoko:20151108061700j:plain

引っ越す家の新オーナーからのお土産。

オーナー夫妻は3人の男の子との5人暮らしでオランダを離れて生まれ故郷のベルギーで暮らし始めて、この家を貸す事にしたのだそう。

私達も、日本のお土産を持って昨日契約に。

子供達は可愛く奥さんは良い笑顔の人でご主人も全く偉ぶる所がなくホントに感じが良いご一家。

何よりそれを感じたのは私達が帰る時、3歳くらいの3男がパパに抱っこされてお別れの握手に来て、7歳、5歳のお兄ちゃん達も皆揃って手を差し伸べた事。

握手はこちらのカルチャーかも知れないけど、3人の男の子がみなお別れの握手に来るんだヨ、わざわざ3Fから降りて来て。感激。

そして子供が泣いたら泣き止めさせる為におやつを上げるんじゃなくて、泣き止んだら上げると云う躾。見習うべき所があるヨネ。

 

ウエルカム・フラワー

f:id:adamtomoko:20151108061730j:plain

今日引っ越しの荷物を運んで行ったら、テーブルに飾ってあったの。

バラの花30本。こう云う心遣いが出来る人になりたいネ。

今日、11・7に無事新しい家に移る事が出来たけど色々大変だったの。

アムステルダムは余ってる家が少ないし、外国で家を借りる大変さ、買うのもネ。

娘と移住申請に来た時から7軒の airbnb を体験してアムステルダムの沢山の部屋も人も知る事が出来てとても良かったけど、それでもある程度長く住む家を見つけるのはホントに大変。

夜も遅くなっちゃったので、続く。まだ明日も忙しいんだ。