読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

アムステルダム ミュージアム事情 12

さあ今日は昨日の続き、「クロムハウト・ハウス」の2F、3Fを観てみよう。

 

2F

彫刻

f:id:adamtomoko:20160423192019j:plain

クロムハウト一家の何代目のご家族でしょうか?

こう云うのを幸せを絵に描いた様な、と云うんでしょう。

 

調度品 1

f:id:adamtomoko:20160423192050j:plain

 

絵画 1

f:id:adamtomoko:20160423192125j:plain

絵画所蔵品。

7世代に渡って蒐集された数々の価値ある絵画。

 

バック・ガーデン

f:id:adamtomoko:20160423192155j:plain

2Fの窓から。

まるでマナー・ハウスの庭園みたいな庭。

後で降りて行くのが楽しみ。

 

こちらのミュージアムは、元々は個人所有の家だったと云う事もあって、リラックスしながら、楽しむ事が出来るワ。

おまけに、窓から見える素敵な庭。行ってみたくてウズウズする。

 

絵画 2

f:id:adamtomoko:20160423192226j:plain

スゴい大作。

 

階段

f:id:adamtomoko:20160423192301j:plain

2Fから3Fを見上げて。

螺旋階段も芸術的。

 

3F

コーヒー販売機

f:id:adamtomoko:20160423193331j:plain

上がって来たら、コーヒーの自動販売機が。

親切ネ。やっぱり個人邸ならではかもネ。

 

ドア

f:id:adamtomoko:20160423192407j:plain

重厚な木のドア。

彫刻が施されて、これも歴史的。

 

螺旋階段

f:id:adamtomoko:20160423192530j:plain

邸宅の螺旋階段を模して。

こう云う模型の様な物があるのが、ただのお金持ちと違うところでしょう。

 

調度品 2

f:id:adamtomoko:20160423192619j:plain

 

調度品 3

f:id:adamtomoko:20160423192658j:plain

 

調度品 4

f:id:adamtomoko:20160423192734j:plain

大きな孔雀の剥製?

見た時は本物に見えたんだけど?作り物??

 

調度品 5

f:id:adamtomoko:20160423192813j:plain

 

調度品 6

f:id:adamtomoko:20160423192857j:plain

 

調度品 7

f:id:adamtomoko:20160423193058j:plain

今日はここまでネ。

勝手にグルグル部屋部屋の調度品、案内しちゃったけど、、

"昔の栄華よ、今も残る" でしょうネ。

 

明日は完結編、邸宅内のカフェやレストラン、庭などを案内するわネ。