読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

オランダ ミュージアム事情 15

デン・ハーグ・シリーズも今日で3回になっちゃった。

又昨日と少し違うマウリッツハイス・ミュージアム。

 

静物 1

f:id:adamtomoko:20160608012643j:plain

もう!素敵過ぎ。

ワイルド・ストロベリー。

ベリーにベリーの花か。葉っぱがそうだもんネ。

個人的には、関係ない花でも受け入れるネ。

 

f:id:adamtomoko:20160608012744j:plain

 

静物 2

f:id:adamtomoko:20160608012817j:plain

桃の毛で痒くなるくらいリアル。

 

f:id:adamtomoko:20160608012847j:plain

2作品共アドリアーン・コールテ。

やっぱり静物画で知られてるんですって。

 

静物 3

f:id:adamtomoko:20160608012920j:plain

 

f:id:adamtomoko:20160608012948j:plain

 

静物 4

f:id:adamtomoko:20160608013018j:plain

 

f:id:adamtomoko:20160608020854j:plain

 

花 1

f:id:adamtomoko:20160608013141j:plain

ドアの上に飾ってあるの。

部屋部屋、ドアも天井も額も、絵だけじゃなくてどれも重厚感に溢れてる。

 

f:id:adamtomoko:20160608013212j:plain

 

花 2

f:id:adamtomoko:20160608013255j:plain

木がふんだんに使われて、これだけの画家達の絵を飾るには額だけじゃなくて場所も大事ネ。

 

アムステルダムにも歩ける範囲で美術館があちこちあるから、そして其々の特色が出てると思うので是非!

 

f:id:adamtomoko:20160608013345j:plain

 

花 3

f:id:adamtomoko:20160608013432j:plain

 

f:id:adamtomoko:20160608013522j:plain

 

花 4

f:id:adamtomoko:20160608013703j:plain

 

花 5

f:id:adamtomoko:20160608013750j:plain

丸いゴールドのフレームにおさまった花達。

画家達のネーム・プレートがなかったけど、まさかこのゴールドのフレームに合わせた後からの作品じゃないでしょネ。

イヤホン・ガイドの日本語版もないので情報はゼロです。

 

花 6

f:id:adamtomoko:20160608013836j:plain

皆対になってるけど、少しずつ違うの。

 

花 7

f:id:adamtomoko:20160608013917j:plain

ゴールドを多用した同じ部屋。

 

f:id:adamtomoko:20160608013952j:plain

素晴らしい部屋でしょう。

絵に似つかわしい調度品。

財力もセンスも情熱もなかったら維持出来ないわネ。

私達は、この素晴らしい部屋で一息吸い込んだの。

その場に立つとネ、そんな気持ちになるんだヨネ。

 

ニンフ

f:id:adamtomoko:20160608014034j:plain

「ディアナとニンフ達」

 フェルメールの作品だヨ!

 

f:id:adamtomoko:20160608040036j:plain

 

少女

f:id:adamtomoko:20160608035803j:plain

「真珠の耳飾りの少女」

もう1度載せるネ。

 

f:id:adamtomoko:20160608014114j:plain

 

フェルメール作品展示の美術館がデルフトかナ、あるんだって。

行きたいと思ってるんだけど、、何と、「デルフトの眺望」がマウリッツハイスにあったのヨ。それを撮り損なっちゃったの。

 

何を隠そう、私は「真珠の耳飾りの少女」と「牛乳を注ぐ女」くらいしか知っちゃいないのヨ。

だから背後で心惹かれた、写真撮られるのを待っていてくれた「デルフトの眺望」撮り損なっちゃったんだ。

 

トート・バッグ

f:id:adamtomoko:20160608014310j:plain

少女がバッグになってる。

金額は10何ユーロだったと思うナ。

 

今日は、マウリッツハイスの部屋部屋が素敵だった事、フェルメールは3点あった事(「牛乳を注ぐ女」はアムステルダム国立美術館にある)、のお話。

明日はネ、マウリッツ・ハイスは終わりだけど、まだデン・ハーグのトピック続くの。見てネ!