読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

アムステルダム 家ご飯事情 29

家ご飯。

ここのところ素晴らしい陽気が続いてるワ、アムステルダム。

冬がバカ寒いワケでもないけど春が遠いので、オランダの人達は太陽が大好き。

少しの陽でも見逃さないヨ。そこまで暗鬱とも思わないけど、陽の光に貪欲。

小さな幸せを見逃してしまったりする私、見習わなくちゃネ。

その国その国のそこでしか味わえない良さをキャッチして、生きてる事を謳歌しよう。

ちょっとオーバーに聞こえるけど、でもホント。

 

前置きはそのくらいにして、私達もアムステルダムの柔らかい光、時には強い陽を感じながらの食事を楽しむ事を覚えたヨ。

 

お昼ご飯 1

f:id:adamtomoko:20160610223323j:plain

パスタ(バジル、エビ、他)。

ラム。

サラダ(チーズ、トマト、ルッコラ)。

 

f:id:adamtomoko:20160611014456j:plain

バジル。

オーガニック・バジルの鉢植えの使った残りが、いつもそのままで育たないので息子がお水に挿して置いたら、しっかり根が出た。

えらいゾ、息子。

 

f:id:adamtomoko:20160611014540j:plain

それを私が鉢に植えた。

4月20日の事。すっかり再生して、息子がそこからちぎって料理に使ってる。

ミニミニ・キッチン菜園。お役立ちバジル。

 

f:id:adamtomoko:20160611024012j:plain

ココナッツ・ヨーグルト

この日のデザートは35%オフになってたココナッツ・ジャキジャキ・ヨーグルト。

 

お昼ご飯 2

f:id:adamtomoko:20160610223510j:plain

サラダ(生ハム、ルッコラ、ミント)。

この日もベランダで。

暑からず寒からずでベスト・シーズンね。

ベスト・シーズンと云えば、アムステルダムの夏の晴れた日は世界1?の素晴らしさなんだって。来てネ。

 

f:id:adamtomoko:20160610223549j:plain

クロワッサン(クリーム・チーズ挟み)。

生コールラビ(手前の四角いの)。

スパイシー・ソーセージ2種。

ライム・ミント水。

 

クロワッサン、太りそうであまり好きじゃないの。

だけど1口たべたらサクサク!太る物ほど美味しいって法則あるネ。

 

f:id:adamtomoko:20160610223626j:plain

オーガニック・コールラビ

何回か載せてるけど、真っ白で綺麗。葉も綺麗。

こちらが私の目の前のクロワッサンと一緒に写ってた元の姿。

こんなに綺麗で新鮮なので、フレッシュなまま私のお皿に置いたんだって。

コールラビの生、初めて食べた。ダイコンの美味しいヤツみたい。

 

f:id:adamtomoko:20160610223759j:plain

ドイツ製甘口ソース。

 

f:id:adamtomoko:20160610223841j:plain

ドイツ製カレー・ソース。

このソースはドイツ名物でソーセージにつけて食べる国民食だそう。

ソース類つけない主義だけど、このカレー・ソースはかなりな物でした。

 

f:id:adamtomoko:20160610223916j:plain

ジャーン!

朝買いのフレッシュ・サクランボで作った、チェリー・タルト。

 

f:id:adamtomoko:20160610223943j:plain

 

f:id:adamtomoko:20160610224012j:plain

見て。こんなヨ。

美味しそうでしょ。

見た目通り。いやそれ以上ネ、美味しかった。

ほんわり暖かく、甘さと酸味がピッタリで。。

ごちそうさま~~!(って事は、私作じゃない?)ヨネ。

 

f:id:adamtomoko:20160610224140j:plain

チェリー種取器だって。

息子が昔アメリカで買ったらしい。

サクランボ沢山食べる国民じゃないと使わないかもネ~。

あー、私の好きなアメリカン・チェリーとか。

あー、違う。多分チェリーを多用するパティシエが使うのかも。

 

と、云う家ご飯でした。