読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

アムステルダム 花事情 66

今日はちょっと公共的な、街並みの花を見て行こう。

花と一緒に街も見てみようネ。

 

 

ハンギング・バスケット 1

f:id:adamtomoko:20160918220756j:plain

ブルーファン・フラワー、ペチュニア、グレコマ・・・。

 

珍しく暴れて自由に育っている、カナルの橋に掛けられたアイアンの植え込み。

こんな自由に咲き乱れてるのも素敵。

 

左右に垂れ下がってるブルーファン・フラワーは、アムステルダムで2、3度見た。

好きで育てていたヨ。ピンクもあるワ。

2色一緒に育てたらそれも可愛いネ。

 

 

ハンギング・バスケット 2

f:id:adamtomoko:20160918221717j:plain

ベゴニア。

 

ヨルダンに近いカナルの橋。

 

この日、もう夕方5時を回っていた。

この頃は陽が暮れるのが早くなってて、花の色がイマイチ良くないネ。

 

遠目で、何の花のピンク?と思ったらベゴニアのピンクだった。

こんな風に公共の場所にベゴニアは珍しいワ。

それも思い切って1種・単色で。。

 

 

ハンギング・バスケット 3

f:id:adamtomoko:20160918220847j:plain

ベゴニア。

 

こちらはホテルだったと思う。

しっかり元気に育ってるネ。

 

 

f:id:adamtomoko:20160918221004j:plain

 

 

窓辺の植え込み

f:id:adamtomoko:20160918221118j:plain

針葉樹(コニファー)、ビバーナム。

 

立ち性や這い性のミニ・コニファーに矮性仕立てのビバーナムのオレンジの実が花を添えてる、ホテルの窓に沿った植え込み。

 

窓辺の植え込みと云っても・・・、

地下がレストランかしら。

窓は私達が歩く高さから立ち上がっているんだヨネ。

それで、より不思議な素敵な空間に。。

オランダらしい地下有りの風景ネ。

 

洒落てる植え込みでしょう!?

こんなカンジ、家の門から玄関までのアプローチにも素晴らしいと思うヨネ。

 

 

花飾り

f:id:adamtomoko:20160918221231j:plain

それぞれのお宅が雰囲気合わせて花飾りしてる。

 

ハンギングとコンテナで、1つ1つは何気ない植え込みだけど、全員集合して素敵な花の道が出来てる。

 

 

f:id:adamtomoko:20160918221308j:plain

もうちょっと先へ行って撮ってみた。

 

良いヨネ、この一角。一体感があるネ。

 

 

窓辺の花 1

f:id:adamtomoko:20160918221412j:plain

素敵でしょう?

 

花飾りとこの建物がどちらも引き立て合ってる。

ついでにこんな街並みも見て頂戴。

 

 

窓辺の花 2

f:id:adamtomoko:20160918221456j:plain

ペチュニア。

 

アイスクリーム・ショップ。

1Fには白いペチュニア。2、3、4Fは多色使い。

どう?こんな一角も良いでしょう。

 

この白いペチュニアのハンギング・バスケットの下で、アイスクリーム!美味しいヨ。

 

 

ハンギング・バスケット 4 f:id:adamtomoko:20160919063802j:plain

インパチェンス?。

 

縦オーバル型のハンギング・バスケットが面白くて可愛い。

左側の窓の花はフェイクかしらネ。

 

 

アレンジメント 1

f:id:adamtomoko:20160918221806j:plain

グラジオラス、スカシユリ、キク、ガーベラ、リンドウ、ベニバナ。

 

植物園のレストランの大型豪華なアレンジメント。

こんな自由奔放なカンジに活けられたら良いネ。

 

 

アレンジメント 2

f:id:adamtomoko:20160918221843j:plain

カンパニュラ、ルドベキア、ホウズキ・・・。

 

こちらも植物園のレストラン。

 

バックとの効果が素晴らしいわネ。

空に向かって力が漲ってるワ。

何度も云うヨ。こんな活け込みが出来る様になると良いナ~。

 

街並みではないけど、植物園のレストランもオランダらしい花飾り。

特にこちらは豪華版だけど、一般のレストランでもカフェでもテーブルの花飾り、気を配ってるヨネ。

屋外カフェは時々フェイクも有りで、それもご愛敬。

 

 

今日は花と一緒に、ちょっと街並みも見たヨネ。

では、又明日。