読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

オランダ アウトレット事情 1

今日は、我が家のお客さまを案内がてら、ルーモントのアウトレットへ。。

 

5名でネ、出掛けたヨ。

 

アムステルダム・セントラルから約2時間。

かなり遠いヨネ。

午後12時半頃のインター・シティーで。

 

実はサ、アルバート・ハイン売出しの1日乗車券16ユーロ(約1850円)を期間限定で買っておいたのを使ったの(今よりレートは悪かったと思うが...)。

 

(今日のレート 1ユーロ=115.27円)

 

セントラルからルーモントまでは片道21.7ユーロくらいかかるみたいで、往復だと約5000円。

大幅に得したお値段ネ。

交通費から早くも、アウトレット値段だワ。

 

しかもそれだけじゃないッス。

オマケが2個も付いて来る!

 

 

1日乗車券

f:id:adamtomoko:20161008222040j:plain

これがそのチケット。

 

見てみ!

クロワッサン 1.5ユーロ(約173円)を50セント引き。

これは大したオマケじゃないし...、何となくアルバート・ハインが儲かるって気がしないでもないが・・・。

もう1つのオマケ。

コーヒー1杯無料券付き。

 

それは、5人全員ゲット。

サンドウィッチや何やら買い込んだので、クロワッサンはパス。

車内は食べたり飲んだり、大盛り上がりに決まってらい。

 

 

14:30

ルーモント駅

f:id:adamtomoko:20161008073645j:plain

「Roermond」

"ルーモント" って読むらしい。

 

さあアウトレットの街に着いたヨ。

実は、私は2度目。

去年寒い頃に来た気がする。

その時の事情は、軽く書いてると思うけど。。

季節も変わって... 駅からアウトレット会場へ行く迄の道が、そりゃあ素晴らしいの。

 

今年のアムステルダムの公共の花飾りは、生育が悪いのが目立ったけど、、ルーモントの花飾りはそりゃあ綺麗。

 

街を挙げての花飾りネ。

 

 

花飾り 1

f:id:adamtomoko:20161008073729j:plain

ゼラニウム・シュガーベイビー、ペチュニア、ヘリクリサム。

 

駅を出て広い通りの信号渡ると、広場。

 

カフェがいっぱい。

ホントにオランダって、休むとこ探さなくて良いネ。

いつも目の前に広がってる。

 

そして見事な花のタワー。

 

 

花飾り 2

f:id:adamtomoko:20161008073816j:plain

ゼラニウム、ゲラニウム、ミス・カンサス(ヤブラン?)。

 

こちらは公共の場所ではなく、1カフェだけど、白い木のコンテナが良いネ。

 

皆でこの街を盛り上げてるネ。価値上げてるネ。

遥々アウトレットにやって来る人達に、ウエルカムの気持ちも沢山入ってるヨ。と思う...。

 

 

花飾り 3

f:id:adamtomoko:20161008073913j:plain

ゼラニウム・シュガーベイビー、ペチュニア。

 

カフェの入口上部。

 

素晴らしい!

前の通りに立って、ちょっと見上げてみて。

実際はイキイキ感に溢れてて、もっともっと大きくて綺麗だヨ~~。

 

 

花飾り 4

f:id:adamtomoko:20161008074009j:plain

ゼラニウム・シュガーベイビー、ヘリクリサム。

 

ファブリックのお店?

バルコニーが花達の特等席になってて、こんな建物が花をこの上なく盛り立てる。

 

 

花飾り 5

f:id:adamtomoko:20161008074521j:plain

ゼラニウム・シュガーベイビー、ペチュニア、ヘリクリサム。

 

アムステルダムであまり使われていなかった、ヘリクリサムが本領発揮。

遠目から花と同じくらい自分を表せてるネ。

 

それも何もかも、元気に育っているおかげさま。

 

 

花飾り 6

f:id:adamtomoko:20161008074600j:plain

ゼラニウム・シュガーベイビー、ペチュニア、ヘリクリサム。

 

壁面全て、元気。

1つくらいはネ、失敗したりするものだけど...最初の植え込みの技術がハンパなく・・・、後は気候ネ。

 

 

花飾り 7

f:id:adamtomoko:20161008074724j:plain

教会に沿った花飾り。

 

アンティークそのものの様な教会に、真ん丸のハンギング・バスケットが文字通り...花。

 

 

花飾り 8

f:id:adamtomoko:20161008074818j:plain

カフェの奥に、ガゼボの様な建物。

 

何角形だろう...?全部の角の間に花飾り。

ここまで花に飾られた建物って、ちょっと日本にはないでしょネ。

 

 

カフェ

f:id:adamtomoko:20161008074852j:plain

花だらけの次はカフェだらけ。。。

 

これだけでも少しオランダに興味増さない?

 

大きなパラソルの色が違う事が、其々のカフェの目印かい?

 

 

花飾り 9

f:id:adamtomoko:20161008074927j:plain

カフェの正面奥。

 

こちらも素晴らしく元気な花。

ポールにも窓辺にもコンテナにも・・・。

 

 

花飾り 10

f:id:adamtomoko:20161008075218j:plain

建物が何か、ちょっと見なかったネ。

 

ハンギング・バスケット見事。

 

 

花飾り 11

f:id:adamtomoko:20161008075121j:plain

又、教会かしら。。

 

 

15:00

アウトレット入口

f:id:adamtomoko:20161008075305j:plain

カルーナ、プラティーナ。

 

カルーナとプラティーナの、ウエルカムの植え込み。

どこで見るプラティーナもスゴい元気。

 

この2つ、今を盛りと店頭に並んでるワ。

日本でこの2種類の寄せ植え、見た事なかった。

プラティーナが真っ白白で、白通り越して銀色に輝いてるのヨ。

 

時間を見たら、、駅着いてからここまで30分。

道草しながら歩いたネ。

 

 

植え込み

f:id:adamtomoko:20161008075401j:plain

カルーナ、プラティーナ。

 

この2種類がずーっと続いてるって云っても良いくらい。

 

全部を見渡せば、潔い植え込みに感動するハズ。

 

やっぱりサー、セントラルから遠くても、時間なくても、、来てみる価値有りだヨネ。

 

ルーモントの駅降りてからの道のりも楽しいし.....。。

 

花飾りばかりじゃないヨ。

色んなファッションのお店やら、、広い通りはショップ通りの様になってる。

 

写真撮ったり、つっかかりつっかかり行けば嫌でも着くヨ。

 

 

アウトレット

f:id:adamtomoko:20161008075504j:plain

さあ、ここからアウトレットのショップが並ぶ通り。

 

最初に目に飛び込んで来たのは、「スワロフスキー」のショップ。

 

 

やっと、辿り着いた、ここからは又明日。