読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

アムステルダム 来客事情 7

客人ご飯の続きーーー。

 

 

夜ご飯 1

カツカレー

f:id:adamtomoko:20161020012544j:plain

カツカレー、サラダ。

 

ミラノから帰って来た日の夜ご飯。

娘作。

 

カツカレーって思いっ切り日本じゃない?

カレーも日本のルーを使って。

 

カツは揚げたのかと思ったら・・・。

スーパーマーケットで売ってたんだって。

それを温めて。。。

自分ちで作ったくらい美味しかった。

客人も多分初めての味に、舌鼓。

 

私は懐かしく美味しく頂きました。

 

 

f:id:adamtomoko:20161020013332j:plain

アマランサス。

 

アマランサス5本 2.5ユーロ(約285円)

(今日のレート 1ユーロ=113.43円)


ミラノから帰って来たら、花が駄目になってた。

次の日、客人が出掛けた隙にダッパーマーケットへ花の調達に。。

 

人の為に花を買うって楽しい。

選ぶの、ウキウキする。。

 

アレンジで見た、こ~んなに長く(手でやってる)垂れ下がってるグリーンのアマランサスがあった!

実は、買うの初めてだッ。

だって、こんなに長い、地面に着いちゃうアマランサスなんて、アレンジ以外売ってなかったんだもの。



ここで、いきなりパソコン壊れる!!!

真っ黒になっちゃった。

もっと先まで書いたんだヨネ。

恐る恐るケータイ開いたらここまで書いてあった。

やれやれ。


ケータイで続きします。

多分又見辛かったりするかもネ。


だけど、、ワーイ!だ。

新しいの買って貰えるぅ。

買って貰うんだか自分で買うんだか...だけど。。

近々ニュー・パソコンでブログしたいと思います。


では、続きを.....。



花飾り 1

f:id:adamtomoko:20161020013426j:plain

バラ、マム、ケイトウ、シンフォリカルポス。


「ゴメン!」

あんなにアマランサスのゴタク並べて、どこに?アマランサス??


長い花瓶の下に垂らしたら...5本じゃ足りず.....。

みっともない姿になっちゃったので上だけの写真にしましたです。

花材不足にしたいけど、足りないのは腕ですナ。ゴメンなさい。。



花飾り 2 

f:id:adamtomoko:20161020013509j:plain

アマランサス(赤、グリーン、マム)


ベッドルームに。


出かけてる合間に花を替えたので、客人2人感激してくれたけど、、。

ここお客さまの為の花飾りは...自分ながらの満点が付けられずで、楽しくない。


何でもそうだけど、差し上げるプレゼントは自分も気に入らなきゃネ。 

嬉しくないヨネ。

自分を磨けって事やん。



花飾り 3 

f:id:adamtomoko:20161020013615j:plain

バスルーム。


今迄のグリーンにアマランサスを足して。 



夜ご飯 2

炊き込みご飯、豚の角煮、お豆腐

f:id:adamtomoko:20161020012656j:plain

炊き込みご飯は、例のサツマイモとエダマメ。


私の出番はこれだけだス。 

ご飯はちょっとアルデンテで、私好み。

客人にはどうですか。

ヘルシーさがウケる。


娘の角煮とお豆腐は、初めての食感だろうけど、完売。



お好み焼き

f:id:adamtomoko:20161020012736j:plain

エビも入ってボリューミー。


昔食べた金沢のぼてじゅうを思い出す。



夜ご飯 3

サングリア 

f:id:adamtomoko:20161020012911j:plain

ありったけのフルーツ入れて仕込み。 



乾杯 

f:id:adamtomoko:20161020012942j:plain

5人揃ってカンパーイ! 


サングリアの向こうにアサリと豚の煮物。



サラダ 

f:id:adamtomoko:20161020013026j:plain

いつものサラダに硬いチーズ、薄くスライスして入れたら超美味しい。


チーズをトッピングするなら、硬いのが良いワ。



パエリア

f:id:adamtomoko:20161020013054j:plain

ソーセージのパエリア。



朝ご飯 

f:id:adamtomoko:20161020013231j:plain

サラダ(クレソン、シイタケ)、チーズ、パン。


これはお別れの日の朝ご飯。

この日の午後の便で、客人帰国。


ウルルン滞在記?

昔、結構見ていたんだヨネ。

必ず、お別れの日になると、滞在する方もされる方も涙の別れになるんだヨネ。


私達も例に漏れなかった。



と云う客人迎えての約2週間を、7回のブログにて綴って見ました。