66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

オランダからの外国旅行 ボルドー編 6

「2日目ー3」

 

2日目の夜のレストランは、息子が調べて予約した。

 

予約時間20:00。

8時!?

聞いたら何と、夜8時からオープンだって!優雅ネェ。。。

 

それまで、街へ出て買い物したり..そぞろ歩きしたり..しましょ。

 

 

街並 1

f:id:adamtomoko:20171118035821j:plain

公園。

 

小さな可愛い池があって、人々は緑の芝生に座ってひなたぼっこ。。

 

 

街並 2 

f:id:adamtomoko:20171118035909j:plain

如何にも、ヨーロッパの路地裏。

 

路地がどこまでも続く。

 

ボルドーの街は、こんな処が多いみたいネ。

どこかポルトガルと似ている。。何て、そんなに知らないが...。

 

 

街並 3

f:id:adamtomoko:20171118053237j:plain

レストラン。

 

前の日も通ったけど、いつも行列のレストラン。

 

予約したのはここじゃないヨ。

残念かどうかは...??

 

 

街並 4

f:id:adamtomoko:20171118035949j:plain

カフェ。

 

そうこうしてる内に8時近くなって来た。。

 

こんなカフェを素通りして...。

 

 

20:02

街並 5

f:id:adamtomoko:20171118052205j:plain

レストラン。

 

ここが予約のレストラン。

 

間近に来て、ちょっと探しちゃって...2分過ぎたワ。

入ります。期待でワクワク。。。

 

 

飲み物

f:id:adamtomoko:20171118053020j:plain

ワイン。

 

私用に、サン・テミリオンの赤ワイン。

 

いきなり私に、テイスティングの役割振られた。。。

大体、味も解らないのに...。

 

テイスティングに作法があるらしい。。

云われた通りに。

 

テイスティングって、味の感想云うんじゃないんですって!

異常(劣化・腐敗等)があるかどうかの確認。

 

傍で、云う通りに。。匂いを嗅いだり、色を見たり...お作法通り。

異常なければ、注いでくれたソムリエの目を見てニッコリ頷く...だって。

 

この歳にして..初めての体験。。。

 

私達が着いた時は、1組くらいだったけど、もうこの辺りから続々とお客さんが。。

皆、8時を待ってやって来るんだワ。

 

 

パン

f:id:adamtomoko:20171118053156j:plain

パン。

 

パンは結構、楽しみの1つでもある。。

 

 

スープ

f:id:adamtomoko:20171118052321j:plain

スープ。

 

ミニカップで丁度良い量だヨ。

 

 

前菜 1

f:id:adamtomoko:20171118052416j:plain

ゴメン。

1つ1つ、云えなくて...。

 

 

前菜 2

f:id:adamtomoko:20171118052453j:plain

エスカルゴ。

 

これは解ったヨ。思い出した。。

 

いつもの事ながら...、2人にお任せ。

 

この前菜は量が多過ぎて、メインにひびく。。

 

 

前菜 3

f:id:adamtomoko:20171118052539j:plain

フォアグラ。

 

この量は正解。

 

フォアグラが美味しくて..もう少し大きくてもと思うくらい。

 

私達はいつもお皿をシェアするので、色んな味いっぱい楽しめる。

 

 

メイン 1

f:id:adamtomoko:20171118053104j:plain

豚。

 

添えられている黒いキノコにお醤油が使ってあるみたい。

ちょっと日本ぽくて美味しかった。

 

ミニ・コロッケみたいなのは、ちょっと独特。

 

 

メイン 2

f:id:adamtomoko:20171118053326j:plain

白身魚。

 

実は私には、このお魚が1番美味しかった。

ポテトも滅法。

 

 

メイン 3

f:id:adamtomoko:20171118053403j:plain

チキン。

 

マッシュポテトも超美味しい。

お肉よりポテト。

 

 

デザート 1

f:id:adamtomoko:20171118053441j:plain

チーズ。

 

もうこの辺で、ギブアップ状態。

贅沢云って悪いけど、、お腹いっぱいで、食べるには勿体ないネ。

 

 

デザート 2

f:id:adamtomoko:20171118053511j:plain

レモンケーキ。

 

お腹いっぱいと云いつつ..少し味見を。

適度な酸味で美味しい。

 

息子が探して予約した、このレストラン。

スゴ~い正解!

 

 

22:19

玄関

f:id:adamtomoko:20171118053722j:plain

レストランの出入口。

 

私達は、2時間余り美味しいフランス料理とこの街のワインを楽しんだヨ。

さて、、後は帰るだけ。。

 

2日目の夜は更けて行きます。

寂しいナ~。。いつも思う..旅の終わりの近付く頃。。。

 

 

今日は、夜のレストランの話で終わったネ。

明日は、、世界遺産のワイン村へ...と、続く。

オランダからの外国旅行 ボルドー編 5

サボってましたが、、続きデス。

 

 

「2日目ー2」

 

 

18:46

街並 1

f:id:adamtomoko:20171115064051j:plain

夜7時近くなると、流石に夕闇を通り越してる街になる。

 

中央に見え隠れするのは、サン・ミシェル大聖堂。

 

夜のライトアップが、昼間とは又違った趣。

クラシカルな建物も華やいで見える。。

 

 

街並 2

f:id:adamtomoko:20171115064141j:plain

ブルゴーニュ門。

 

凱旋門を小さくした様に見える。

1枚目写真から直ぐの処にいきなり立っている。

パリか!と思ってしまったヨ。

 

1757年、ブルゴーニュ伯王子に献呈されたのだそう。

ボルドーにはいくつも門があるそうで、この「ブルゴーニュ門」は、ボルドーで最も大きいものですって。

 

 

f:id:adamtomoko:20171115064207j:plain

ブルーグリーンのブルゴーニュ門。

 

7色に変わる?門。

 

 

街並 3

f:id:adamtomoko:20171115064234j:plain

門を通り越した、反対側。

 

薄い赤色に変わってる。

 

左手の塔は、最初に見たサン・ミシェル大聖堂。

やはり反対側から。

 

ふ~ん。。やっぱり..夜も探訪しないと駄目ネ。

こんな違った顔に出逢えない。

 

この手前にピエール橋がある。

 

 

街並 4

f:id:adamtomoko:20171115064321j:plain

ピエール橋。

 

ナポレオンⅠ世の命によってガロンヌ川に架けられた最初の橋だそうな。。。1810-1822

サンジャン橋1965 が作られるまで唯一無二の橋だったんですって。

 

 

f:id:adamtomoko:20171115064410j:plain

ピエール橋のほぼ全景。

 

素晴らしいわネ!!

 

川は何故か茶色です。

 

お勉強・・「Napoleon Bonaparte」の17の文字に合わせてアーチの数は17なんですって!

へぇぇぇぇ。。

 

因みに全長478m。

フランスで最も美しい橋の1つと云う事。

 

又々因みに、水の鏡(ブルス広場)からガロンヌ川に沿って歩けば、500mあまりでこの橋まで辿り着ける。

 

この辺一帯は「月の港」と云われている世界遺産のエリア。

「月の港・ボルドー」として登録されているんですって。

 

月の港・・ガロンヌ川がこの橋を過ぎた辺りから東へ蛇行し、その形が三日月に似ている事から昔から云われ、栄えて来た。。。

 

月の港...何ともロマンティック!

ツーリスト達も、ロマンティック気分で夜の街灯の街をそぞろ歩き。。。

 

 

街並 5

f:id:adamtomoko:20171115064501j:plain

カヌレ・ショップ。

 

ロマンティック気分から一転しての、、カヌレ・ショップ。

 

街並を見学したら...カヌレでもっと満たされた気分になりましょう。。

 

 

f:id:adamtomoko:20171116010535j:plain

ショーウィンドウ。

 

 

街並 6

f:id:adamtomoko:20171116005019j:plain

カヌレ・ショップ。

 

 

f:id:adamtomoko:20171116010655j:plain

ショーウィンドー。

 

何度もカヌレの事載せてるネ。

お店のフレッシュ・カヌレがよっぽど美味しかったとみえるワ。

いや、ホント!

 

 

街並 7

f:id:adamtomoko:20171116005118j:plain

「ブドウ園」のパネル。

 

ボルドーのブドウ園、点在箇所。

と云う事は、この印の箇所でボルドー・ワインが作られているって事?

ゴクッ(何かの鳴る音)。。ウソウソ。。。

 

 

街並 8

f:id:adamtomoko:20171116010317j:plain

カフェ。

 

どこも素敵なカフェが続く。

椅子の色合いが其々で、どれも素敵。

 

 

街並 9

f:id:adamtomoko:20171116005346j:plain

フラワー・ショップ。

 

 

街並 10

f:id:adamtomoko:20171116005540j:plain

カフェ。

 

テーブルにはグラスが沢山。

どこのカフェもそう。ワインあれこれ飲む為に??

 

 

街並 11

f:id:adamtomoko:20171116010418j:plain

ワイン・ショップ。

 

ワイン・ショップも至る処にあるネ。

皆、ディスプレイに余念がないっちゃ。。

 

 

今日の「ボルドー」、この辺で。。。

中々素晴らしいボルドー!書く事有り過ぎて..困る。。自分勝手に進めます。

 

 

 

 

 

 

オランダからの外国旅行 ボルドー編 4

1夜明けて、2日目の朝になりました。

 

昨日用意のチョコレートムース半分とコーヒー飲んで、、いざ又ボルドーの街並探訪。

 

  

11:18

カプサン市場

内部 1

f:id:adamtomoko:20171113013118j:plain

肉ショップ 1

 

初めて見た、こんな長く巻いてあるサラミ。

 

ボルドー1の大きなマルシェ「カプサン(カピュサン)」

 

フランスにはどの街や村にも、伝統的な市場があるんですって。

彩り豊かで、香りや熱気に溢れ...。良いナァ!書いてるだけで、ムクムクと幸せ感と云うか..憧れだヨネ。。

 

切ないくらいの、異国に対する..身近にないものへの憧れ、って云うのかナー。

日本でも、知らない街のカフェに。。普段ない生活に憧れる...。ってどうヨ。

根無し草的思考かしらん??

 

 

2

f:id:adamtomoko:20171113013204j:plain

野菜ショップ 1

 

青物が山高く積まれているワ。

こんな野菜の飾り方も初めて。

 

 

3

f:id:adamtomoko:20171113013440j:plain

フラワー・ショップ。

 

何故か、キクばっか。

オランダにも、ニューフェイス沢山。

 

キク=和、みたいな感覚は今や間違いネ。。

 

 

4

f:id:adamtomoko:20171113013549j:plain

 お魚ショップ。

 

色んなお店が其々工夫を凝らして..楽しいでしょ。

 

多分...いつでも来れる手の届く処にあれば、さほど何も感じないんだヨネ。

ないものねだりの、困ったさんか。。

 

 

5

f:id:adamtomoko:20171113013633j:plain

フルーツ・ショップ。

 

夜明けと共に、作り手が運んで来る新鮮野菜・果物や、お肉お魚の生もの。

 

新鮮ゲットしたい場合は、自分のカゴ持ちで朝早く市場に着く事。

お得ゲットは、昼近く閉まる前頃が良いんですって。

 

成程ネ。。料理手の腕と家計の見せ所。←上手い事云うナァ..。

 

 

6

f:id:adamtomoko:20171113013727j:plain

野菜ショップ 2

 

ホントに色取り取りで、綺麗・可愛い。

 

混んでないでしょ。着いた時ネ、11時過ぎてた。だからなの。

市場は朝が早いから、寝坊には不向き。

 

そのままお店の前に座って食べられる処もいっぱいあったみたい。

椅子がもう、テーブルの上に上がってた。

写真撮るには絶好の時間だった。ありがたく受け止めよう。

 

 

7

f:id:adamtomoko:20171113013844j:plain

鶏ショップ。

 

色が濃いでしょ。地鶏なのかナ。

 

見るの弱い人も居るかも知れない。花で許してネ。。。

 

 

11:35

8

f:id:adamtomoko:20171113014515j:plain

 ジャ~ン!このお店はやってました~。

 

両側に同じお店。

左側にもお客さんかなり。

 

私達はこの後、お店の人が立ってる辺りに座ったヨ。

 

 

f:id:adamtomoko:20171113013948j:plain

ショウルーム。

 

魚介のお皿。

 

 

お料理 1

f:id:adamtomoko:20171113014256j:plain

パン、バター(無塩・有塩)。

 

カニを割る道具が付いて来た。

 

 

料理 2

f:id:adamtomoko:20171113014041j:plain

カキ、エビ、カニ・・・。

 

中央のサザエとタニシの中間みたいな貝に下味調理がしてあって...胡椒の味付け、初めての味。

 

カニには大分時間を取られました。。

 

 

お料理 3

f:id:adamtomoko:20171113014128j:plain

スープ。

 

こちらも、スープにドボンと。

魚介専門店みたいなので、そのダシのスープは得も云われぬ美味しさだったヨン。。

 

 

反対側の出入口

f:id:adamtomoko:20171113014604j:plain

肉ショップ 2

 

お肉屋さんの前に、ほっぺにチューの牛が居た。

 

これで、、カプサン市場、ザッと見ました。

早い時間は、相当の人で活気づいているでしょうネ。

 

息子が案内したこの市場、又来たい!

美味しかったし、沢山の人で活気・熱気ムンムンのところも味わいたかったナー。

 

 

街並 2

f:id:adamtomoko:20171113014645j:plain

と、街並じゃないんだ。

 

私達が借りた部屋の3重ロックの1重目を抜けたところ。

左に進んで...又ロック解除して、階段上って部屋に辿り着く。

玄関ドアロック開ける。これで3重。

 

窓が素敵な色でしょ。木製デスヨ。 

 

マルシェを出て...そうそ、食材色々買ったのヨ。

それらを冷蔵庫に入れて、再び街へ。。。

 

 

街並 3

f:id:adamtomoko:20171113014740j:plain

カヌレ・ショップ。

 

知らなかったんだけど、カヌレはボルドーが発祥の地ですって?

 

そして、解ったヨ。

 

カヌレの正式名称は「カヌレ・ド・ボルドー」

 

ボルドー女子修道院で作られていたお菓子だったんだ。

 

「カヌレ・ド・ボルドー」だなんて、それだけでもボルドーに来た甲斐があった様な気がして来る。

 

 

f:id:adamtomoko:20171113014811j:plain

カヌレ。

 

小さいのが40セント。

 

着いた日に、ポールで1個買ってみたの。1.5€。

その時息子が、どこかで50セントで売ってた様な気がするって云ったのが、ここのお店だったのネ。

 

ポールの1個は大きかったし、外側カリカリで超美味し!かった。

このお店の50セントのを3個買って食べてみた。

う~ん!ここのも負けず劣らずカリカリ美味しい!

 

日本で何度か食べた時は、あまり感動する味でもなかったんだけど、、ボルドーのカヌレは、本場だからか..こんなに美味しいもの!?と云うくらい。

多分ネ、出来立てだからじゃないかと思うに至った。

 

美味しさ認識したので、真空パックのカリカリじゃなくても美味しいと感じるだろうけど...お店で店頭に並んでるのが食べられたら贅沢ヨネ。

日本にもあるかァ、そんなお店。知らなくてごめんなさい。

 

でもサ、ボルドーのどこでもカヌレのお店があるんだヨ。

やっぱり本場だネ。おかげで、カヌレ美味しい事に目覚めました。

 

カヌレで1個書けちゃうくらいカヌレの話。スミマセン。

しかし、カヌレに限らずボルドーの "甘いもの" は美味しい。

 

 

街並 5

f:id:adamtomoko:20171113015034j:plain

大劇場(オペラハウス)。

 

1773~1780に建てられた、世界で最も美しい劇場の1つ、ですって。

新古典派様式の代表的建築物、なのだそうですワ。

 

 

街並 6

f:id:adamtomoko:20171113014936j:plain

ワイン・ショップ。

 

出ました!ワイン・ショップ。

 

娘達は買って帰りたいらしく、店内に入ってみました。

 

 

店内 1

f:id:adamtomoko:20171113015111j:plain

スゴい陳列棚の量とワインの量と、素晴らしい設計。

 

1歩入って思わず目を見張る。

暫し、見惚れて突っ立ち。。。

 

 

店内 2

f:id:adamtomoko:20171113015219j:plain

最上階。

 

ワインを購入して帰りがけに、私だけ上まで上がってみた。

何階だろう、息が切れるくらいまで..いやそれ以上..上った。

 

最上階から1Fを眺める。

お客さんがお会計してる。

 

この只ならぬワインの量!総額は!?..なんて思ってしまうヨネ。

スゴ過ぎる。。。

 

 

と、ワインの佇まいにビックラの私。。で今日は終わりデス。 

 

オランダからの外国旅行 ボルドー編 3

あれから、本気でレストラン探したヨ。

何とか良さそうな1軒見つけ、入ってみた。

 

 

1日目ー3

16:14

レストラン

f:id:adamtomoko:20171112035242j:plain

店内。

 

席に着いた時は、午後4時を回っていた。

いつもより早起きして出て来たんだもの。。お腹も空くヨネ。

 

息子にお任せの料理、あれこれ頼む。

 

どんなんかしら!?

ボルドー、最初のレストラン。

 

 

飲み物

f:id:adamtomoko:20171112035404j:plain

私は赤ワイン。

 

2人は甘いワイン。

 

赤は、サン・テミリオン産。

娘達がちょっと試飲して美味しいネ!と。

 

 

料理 1

f:id:adamtomoko:20171112035526j:plain

キッシュ。

 

サッパリと味薄く、、そんなに好物とは云えないキッシュだけど、これは美味しい!

今迄で1番か、と云うくらい。

 

 

料理 2

f:id:adamtomoko:20171112035604j:plain

スープ。

 

スープのカップに蓋の様に乗っかって来た、回りの具。

ハムは別だけど、小さなココットの中身全部入れちゃうの。

 

オニオングラタンではないけど、、歯応えもあり..スゴく美味しい。

 

このレストラン、地元の人がチョロッと来るだけみたいなお店に見えたけど...ボルドー!美味しい。

段々混んで来たヨ。

 

 

料理 3

f:id:adamtomoko:20171112035642j:plain

サラダ。

 

生ハムやモツが乗ったサラダ。

 

 

料理 4

f:id:adamtomoko:20171112035723j:plain

チーズ、ハム。

 

最初にワ~ッと食べたらお腹いっぱいになっちゃった。

パンも美味しいのでつい手を出してしまう。。

 

野菜も沢山付いて来て...ボルドー最初の食事、正解デス!

 

 

17:14

街並 1

f:id:adamtomoko:20171112035802j:plain

ペイベルランド塔。

 

サンタンドレ大聖堂の隣に位置し、階段で上まで登れる(有料)。

ボルドーの街が一望出来るそう。

 

時間は、あれから丁度1時間経って5時を回ってる。

何百段かしら?ちょっと元気ない。

後からはネ、上れば良かったナ..と思うのヨネ。。。

 

 

街並 2

f:id:adamtomoko:20171112035836j:plain

サン・タンドレ大聖堂(右)。

 

世界遺産に名を連ねている、ゴシック様式の美しい教会。

高いので街のあちこちから見える。

 

「サン・スラン大寺院」「サン・ミッシェル大寺院」、この2ヶ所も世界遺産ですって!

 

サッサーと通り過ぎちゃって、、ごめんなさい。

 

 

21:18

部屋

f:id:adamtomoko:20171112035907j:plain

夜食(ハム、イカのマリネ、キャロットラペ、セロリラペ・・・、パン)。

 

街歩きのついでに、スーパーマーケットで量り売りのお惣菜調達。

流石フランス!と思える味デシタ。

 

初日1日、ハズレなし。ありがとう!!

 

 

オマケ

f:id:adamtomoko:20171112040307j:plain

キャラメル・ムース?

明日のおめざです。

 

 

ボルドー初日の夜は更けて...。今夜は簡単ですが..まだまだ続く。。。

オランダからの外国旅行 ボルドー編 2

ボルドーの続き行くネ。

 

ワインの話は後回しにして、、先ずは、例の如く..ボルドーの街並探訪と行きましょう。。。

 

 

1日目

街並 1

f:id:adamtomoko:20171111015532j:plain

部屋を出て歩いて散策。

 

午後2時半を回ったので、実は私達はレストランを探しながら散策・探訪。

着いたこの日は月曜日。何と。月曜日は閉めてる処多いんですって。。。

 

1軒2軒はやってるでしょう。。と歩き回る。

 

 

街並 2

f:id:adamtomoko:20171111022102j:plain

大鐘楼「La Grosse Cloche (グロース・クロッシュ)」

 

かっての城門の上の大きな鐘。

こちら側は南側らしい。この大時計は18世紀に作られたものだそう。

反対の北側の大時計は15世紀に作られたんですって。

 

知らなかった!

反対側まで行かなかったのヨ。

同じ様な大時計がしかもこちら側より3世紀も前に作られたものが飾ってあるなんて!

 

誰か行ったら観て来てネ。

この2つの大時計、今も現役で時を刻んでいるそうです!

 

それと、大鐘楼の鐘は今でも年に数回鳴らされるのだそう。

誰か行ったら聴いて来て。鐘の音が聴けるチャンスに出くわして!

 

 

街並 3 

f:id:adamtomoko:20171111021733j:plain

ベーカリー・ショップ。

 

穴が開いた大きなロールが面白いネ。

 

 

街並 4

f:id:adamtomoko:20171111022200j:plain

カフェ付きパン屋さん。

 

2Fの窓辺の紅葉したグリーンが、長く垂れて面白かったから。。

 

 

街並 5

f:id:adamtomoko:20171111064837j:plain

パブ。

 

1Fの屋根の上全部、額に納まった写真。

 

スゴいワ。雨の心配してしまう。。。

 

ここのパブは眺めただけで、素通り。

中々、丁度良いレストランに辿り着かない。。。

 

 

街並 6

f:id:adamtomoko:20171111022354j:plain

ブティック。

 

素敵な色合わせ! 思わず写真。

紺とオレンジかぁ...良いヨネ。どこかに取り入れたい。。

 

 

街並 7

f:id:adamtomoko:20171111033939j:plain

ブルス広場の噴水。

 

像はゼウスの娘、「美と優雅を司る三美神」(1869)。

 

女神に因んでか...毎年ピンクリボン月間の10月のキャンペーン中のみ、ロゼ色のリボンが巻かれ噴水の水もロゼに変わるんですってヨ!

スゴいナ~!フランス。

 

世界中が良い事で感動出来たら良いネ。

 

 

街並 8

f:id:adamtomoko:20171111034033j:plain

「水の鏡」

 

左手が噴水。右手はガロンヌ川。

 

ほんの数センチ水が張られてる時、鏡になる。

 

昼間だけど、ちゃんと鏡になってる!

空に浮かぶ雲が水に浮かんでる!!

 

 

f:id:adamtomoko:20171111034109j:plain

素敵!

 

 

街並 9

f:id:adamtomoko:20171111074208j:plain

こちらは夜の、「水の鏡」。

 

「ブルス宮殿」。現在は商工会議所と郵便局が入っているそう。

世界で最も美しい商工会議所と云われているらしい。。そりゃそうヨネ!

 

雲の写真の反対側から噴水の方を向いて撮影。

 

この辺りは「月の港ボルドー」と呼ばれている、フランスの世界遺産の1つ。

ボルドーの歴史地区を対象にしてるんですって。

 

 

街並 10

f:id:adamtomoko:20171111034152j:plain

「GRAND BAR CASTAN」

 

広場から歩き出したら直ぐに目に入ったこのお店。

素敵なファサードだと目を惹かれて撮影した。

そしたら惹かれるのもそのハズ。かなり有名な老舗で店内の壁が洞窟風になってるんですって!

 

ワ~、入ってみたかったワーー。。

 

 

街並 11

f:id:adamtomoko:20171111034240j:plain

又少し行ったら...こちらも素敵。

 

椅子が素朴なのに、色が素敵なのかしら。。良いネ。

 

 

街並 12

f:id:adamtomoko:20171111064927j:plain

ストリート。

 

20分ちょっと歩いて、何て云う通りだったか...色んなお店が入ってるメイン・ストリート。

人がいっぱいで、長く続いてるの。楽しいヨ...そぞろ歩き。。

 

でもないんです、ホントはネ。

何時!?

3時42分。

やー、もうホントにレストラン見つけないと...。

 

 

次は、ボルドーでやっと見つけて初めて入ったレストラン。

どんなもの出て来る!?お味は如何に!?..って続く。。。

 

 

オランダからの外国旅行 ボルドー編 1

又々目紛しくも、今日は旅の話。


3泊4日でフランス・ボルドーに来たヨ。


ワインの都、そして世界遺産都市のボルドー。

ボルドーと云えば、ボルドー色と云う言葉を思い浮かべるネ。

ボルドー色、大好き!

そのボルドーへやって来たの。



「1日目」

f:id:adamtomoko:20171107175109j:plain

KLMで。


で、こんなの出た。


息子が、コーヒーとサンドウィッチが出るゾ!と喜ばせたけど、パウンドケーキだった。

可愛いボックスにお水とナプキン入り。

このケーキが中々の美味しさで許せる。


10:05発(20分遅れ)の飛行機。

1時間15分でボルドー・メリニャック空港に到着。時差ナシ。



メリニャック空港

f:id:adamtomoko:20171107182308j:plain

空港の出口へ向かう通路から、早くもブドウの木。



バス 1

f:id:adamtomoko:20171107182345j:plain

青空と雲。


ヨーロッパの空だネ。

何日かお天気悪いらしいアムステルダムを後にして、1時間ちょっとのボルドーはこんなに素晴らしい空と雲。


皆、ごめんなさい!



バス 2

f:id:adamtomoko:20171107182426j:plain

走り出して直ぐ高速に。


行く手の雲が優し気な、何やら想い出させる。。。


そして、この道路の先はパリか。

標識見えて来た。

いつもの事ながら位置関係が定かでない。



ボルドー

f:id:adamtomoko:20171107222628j:plain

空港から高速バスで30分弱で、ボルドーへ。


このトラムで見えないけど、日本でもお馴染みのベーカリー「ポール」の前。


右手がボルドー駅。


ここからトラムに乗るハズがチケット販売機が調子悪く、借りた部屋まで歩く。

気温は12、3度だと思うけど、素晴らしく良く晴れて身も心もポカポカよ!

ありがとうございます。



Airbnb 

f:id:adamtomoko:20171107221850j:plain

リビングにウエルカム・ワイン。


この部屋のオーナーの志。

ありがとう!



マップ

f:id:adamtomoko:20171108015454j:plain

この地図広げて、オーナーの地域説明。

30分はしてくれたヨ。


オーナーは英語を話す。私には地図広げられても、多分20%の理解だけど。。

親切なオーナー。

私達が到着する前に門の前で立って居てもくれた。



寝室。

f:id:adamtomoko:20171107222712j:plain

こちらは2F。


色が素敵にフランス?..のタオルセットが3組。



キッチン

f:id:adamtomoko:20171107222952j:plain

包丁立て。


板にセットされた包丁が、一体化されてるデザイン。

初めて見たので撮ったヨ。



エコバッグ

f:id:adamtomoko:20171107221947j:plain

エコバッグ


何とこのエコバッグ、オーナーのご用意。

えーッ貸してくれるだけだろうけど、何て思い付く人なの⁉︎


気さくなカジュアルなカンジの男の人だけど、

自分の部屋に来る人に、あれもしてやりたいこれも...、ってボルドーをこの上なく楽しんで欲しいのネ。


私も、、今迄何軒となく旅行先で部屋を借りたから、自分がオーナーだったら...あの用意この用意...と経験生かして。。。何て部屋もないのに妄想デス。


さあ、時は午後2時半。

不足はないワ。

これから、初めてのワインの街・ボルドーへ繰り出します。続く。。。

(ケータイで書いてるので、文字の不具合が生じるかもです)


2017 「ミュージアムナイト・アムステルダム」

「名画よ、世界を巡れ」とばかりに、ロシアのエルミタージュからアムステルダムに来たと思ったら...何と日本にも。。。

 

そして目まぐるしくも今日11・4は、年に1度開催される「ミュージアムナイト・アムステルダム」。

 

去年、娘達は出掛けて行って、、

スゴい良かったから来れば良かったのに!

と云われて、今年こそはと思っていたハズが..用事有り。。残念!!

 

19:00~02:00まで。

娘達は夜を待って出かけて行った。

 

 

ポスター 1 

f:id:adamtomoko:20171105002227j:plain

大型展示パネル。

 

セントラルに近い広い通りの自転車道の脇に設置されている展示パネルにポスターが。

大分前に遭遇して、迷わずパチリ。

 

ポスターのユーモアのセンス!

 

「レンブラント」描く(1634)夫婦の肖像画、の奥様が400年近く経った世界で、バッグを持たされるなんて!

レンブラントも知らない事ヨ。

 

 

ポスター 2

f:id:adamtomoko:20171105002323j:plain

パネルが3方見になっていて、慌てて撮った。

 

 

ポスター 3

f:id:adamtomoko:20171105002405j:plain

最後の1枚。

 

今度はモンドリアンの絵の前で、スタイルの良いご夫人が。。。

胸もはだけちゃって、大変。ブーツのカッコも中々スマート。

 

「ミュージアムナイト」、このポスター見ただけでも行きたくなっちゃうヨネ。

 

そのハズなの。

もっともっと、美術館に訪れて欲しいと願う心配り。

何と何と!アムステルダムの50ヶ所以上の美術館に午後7時から午前2時まで行き放題。

年内もう1ヶ所付きで、チケット20,79ユーロ。

 

まだまだ特典あるヨ!!

 

 

パンフレット 1

f:id:adamtomoko:20171105054515j:plain

チケット買いに行って貰って来たパンフレット。

 

折り畳みミニパンフレット。こんなパンフレット欲しいヨネ。

 

 

2

f:id:adamtomoko:20171105054548j:plain

パネルの写真が逆光だったので、パンフレットの写真載せるネ。

 

 

3

f:id:adamtomoko:20171105054621j:plain

50ヶ所以上の美術館名と場所。

 

 

ライクス・ミュージアム

f:id:adamtomoko:20171105074258j:plain

今、現地から届きました!

 

ちょっと~ッ!!こんなカンジよ!

生憎の雨だったのヨネ。8時頃には止む様な事云ってたけど、止んだみたいネ。

大盛り上がりじゃない!チーッ!行けば良かった。。。

 

美術館は17時までだけど、今日は特別。何てったってナイトフィーバーだもんネ。

ホントにヤルでしょ、オランダ。

普段あまり来ない若者達にも広く門戸を開けて、「来なさい・来なさい」って云ってるのヨネ。

 

こう云う国の姿勢が好き。閉館してから2時間後(この間準備)に再びオープンしてしかも真夜中までヨ!

こんな事誰がしてくれる!?

 

疲れるけど、この日を目掛けて来ても良いんじゃない?美術好きなら。。

 

 

館内

f:id:adamtomoko:20171105074219j:plain

スゴい!!サタデーナイト・フィーバーだーー。

 

ここここここはどこですか!?

 

まだまだあるよ特典!の1つ、フード・ドリンク・フロアね。

 

 

他にも、ダンスやミュージック、魅了される仕掛け等々。。。

 

そりゃあ行くヨネーーー。

 

去年、来年は行くゾと思って実現せず。。来年こそ..だナ。

 

行ってないから詳しい事が書けない。

行ってたら又、シツコい事になってたかも。。。

 

因みに、夜も更けて来たのにお2人さん、帰って来る気配ありません。

私はお腹空いて来た。。。

 

 

今日は、オランダは楽しい国だ...の再認識。

「ミュージアムナイト」、面白い仕掛けの続報あったら、又!