66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

アムステルダム お土産ショップ事情

極々一般的なお土産情報。

 

と云っても、初めて見たものが多かったのでそんなものを集めてみたヨ。

 

友人との約束の時間に間があって..待ち合わせの場所のちょい手前のお土産ショップに入ってみた。。

 

風も冷たく..避難するには格好の場所。

 

純粋なお土産ショップのお土産ってどんなんかナ~~。。

 

 

お土産ショップ

お土産品 1

f:id:adamtomoko:20170923072336j:plain

自転車。

 

オランダには切っても切れない、、自転車。

チューリップも入ってるヨ。

 

自転車 €9.99(約1340円)

 

黄・グリーン・紫...迷うところ。。。

 

 

お土産品 2

f:id:adamtomoko:20170923025100j:plain

ケータイ・ストラップ..かナー。

 

こちらも、オランダの代表選手・風車です。

 

ストラップ €3.99(約535円)

 

 

お土産品 3

f:id:adamtomoko:20170923025129j:plain

ネクタイ。

 

オランダらしい家々と風車とゴッホ。

 

ネクタイ €14.95(約2000円)

 

ネクタイの製造元 R R(ロビン・ルス)社は、1998アムステルダムで設立され、ギフト関連商品を扱っていて現在40ヶ国以上、日本にも支社があるんですって。

 

へ~~!そんな会社のネクタイ...2000円で買えますヨ。

あの人..に似合いそうなネクタイあるかも。。。

 

 

お土産品 4

f:id:adamtomoko:20170923025231j:plain

 スカーフ。

 

「ファン・ゴッホ」の絵柄のスカーフ。

 

スカーフ €19.99(2675円)

 

あの人..に似合いそうなスカーフ、どっち!?

 

 

お土産品 5

f:id:adamtomoko:20170923025311j:plain

マグ・カップ。

 

こちらもオランダらしい..アムステルダムらしい、お土産品。

まあお土産は勿論、ご当地色濃いものですが...。。

 

マグ・カップ €6.99(935円)

 

結構良いお値段します。

 

 

お土産品 6

f:id:adamtomoko:20170923025931j:plain

 ターナー。

 

写真だと良く解らない。

見た時は感心したんだヨネ。こんなのあっても良いんじゃない?って。

先の方が、家やチューリップになってるんじゃない?

使い勝手?  解らんワ~~。

 

ターナー €6.99(935円)

 

 

お土産品 7

f:id:adamtomoko:20170923025442j:plain

ミニミニ・グラス。

 

色んな国・場所、其々のちいちゃいグラスあるヨネ。

つい、自分のお土産に買っちゃいそうなヤツ。

 

グラス €2.99~(約400~)

 

お手頃で可愛いじゃない。。

 

 

お土産品 8

f:id:adamtomoko:20170923025632j:plain

ケータイ・カバー。

 

こちらは、専用のショップにある様なゴージャスではない、ちょっと取り替えてみようかナ..的なお気軽なもの。

 

カバー €10.99(約1470円)

 

 

今回は、アムステルダム周辺で良く見かけるお土産品とはちょっと違うものが目を惹いたので、載せてみたヨ。

 

全く簡単に今夜はこれにて、、終わります。

アムステルダム 花事情 93

今日は、街並景観・風景としての花飾りを見てネ。

 

アムステルダムはすっかり秋めいて...冬か!と思う様な日もある。

だけど、花は相変わらず元気。

初夏植えの花達が難なく夏を越すので、どこも傷んでない風。。

 

 

家々 1

f:id:adamtomoko:20170921014224j:plain

ビバーナム(花)。

 

この写真は3・24のもの。

ピンクの蕾が開いて白い可愛い花びらに。。。

 

何でこの3月の写真載せたかと云うと...。。

 

 

家々 2

f:id:adamtomoko:20170921014304j:plain

ビバーナム(実)。

 

ジャ~ン!

こちらは、今日9・20の写真。

 

ビバーナムの白い花が赤い実になったり..黄色やオレンジの実になったり...。

勿論同じ白い花でも、ちゃんと赤は赤の約束で実になるんだヨネ。

 

ビバーナム・・スイカズラ科ガマズミ属

熟した実を焼酎に漬けてガマズミ酒にするんですと!

薬用酒としての効能・・利尿作用、疲労回復

染料の原料にもなって、枝も編んだり出来るらしい。。。

 

ビバーナム・ティナスは青く輝く黒い実を付ける種で、赤や黄色は単にガマズミと呼ばれるみたい。

その中でも、赤い実が一般的で黄色は珍しいらしい(日本で)。

じゃあ、もっとオレンジ色は珍しいのでしょうか!?

 

こちらでは、普通に黄色の実を付けてるヨ。

このお宅の様に実の色違いを楽しんでいたり...。

 

も1つ。

日本とハッキリ違うと思うのは、実の多さ・実付きの良さ。

何度か書いてる。。この国の実ものは豊作だ、って。

良いネ。ビバーナムで沢山の薬用酒が出来る。

 

 

家々 3

f:id:adamtomoko:20170921020102j:plain

マンデビラ、ゼラニウム、アイビー・ゼラニウム、ディコンドラ(シルバーフォール)。

 

赤い花だけ集めて...。可愛らしいネ。

クリスマスを思わせる。

 

赤にシルバー!良いネ。

ちょっと、思いつかなかった。

 

 

家々 4

f:id:adamtomoko:20170921015038j:plain

ノウゼンカズラ、ルドベキア。

 

こちらは黄色一色。

 

 

家々 5

f:id:adamtomoko:20170921015144j:plain

カラーリーフ・ゼラニウム、ゲラニウム?

 

カラーリーフ・ゼラニウム(錦葉ゼラニウム)の色彩がいつも目を惹いて、通る度撮ってる。

カラーリーフとゲラニウム?の青紫が何と合う事!

 

前に、白いバラと一緒に撮った株元の寄せ鉢がこんなに花を付けたんだヨ。

 

 

カフェ 1

f:id:adamtomoko:20170921014357j:plain

この場所は前も載せたかも。。。

 

だけど、花が違うので雰囲気も違う。

素敵な路地でしょ。

 

 

カフェ 2

f:id:adamtomoko:20170921015248j:plain

オーナメンタル・グラス

 

風にそよぐオーナメンタル・グラス。

 

憩わせるヨネ。

通りに直ぐ面してるのに、何だか落ち着いてる。

 

 

広場 1

f:id:adamtomoko:20170921020523j:plain

ベンケイソウ。

 

オーナメンタル・グラスのカフェの手前。

 

素晴らしいベンケイソウの広がり。

 

尤も、1枚の葉から芽を出し根を張る程丈夫、と云われてる。葉は多肉。

枯れない程強い事から、弁慶になぞらえたのが名前の由来だって!

 

 

フラワー・ショップ

f:id:adamtomoko:20170921014457j:plain

フラワー・ショップ「 POMPON」 のウィンドウは、ここも通る度撮ってる様ナ。。

 

 

家々 6

f:id:adamtomoko:20170921014538j:plain

ゼラニウム。

 

スゴいヨネ。

一致団結の力だワ。

 

 

公園 1

f:id:adamtomoko:20170921015906j:plain

ゲラニウム、エキナセア、ルドベキア。

 

良くもここまで...と云うカンジ。

植え付け時、どんなだったんだろう!?ちょぼちょぼかナ。。。

と、想像しちゃうヨネ。

 

 

公園 2

f:id:adamtomoko:20170921015946j:plain

ヘレニウム(ダンゴギク)。

 

ヘレニウムの花びらが散った後、って知らなかった。

まるでクラスペディア(ビリーボタン)そのもの。

2度美味しい植物だったんだ。。。

 

 

広場 2

f:id:adamtomoko:20170921014617j:plain

ペチュニア、クレオメ。

 

広場に花の丘が出来てた!

 

ペチュニアの丘にニョキッと顔を出してるのがピンクのクレオメ。

クレオメ、ちょっと懐かしい。久々で見ました。

 

 

f:id:adamtomoko:20170921014650j:plain

ジニア。

 

ちょっと前の写真なので、今頃は綺麗に揃ってるかも。

 

行く手に「ハイネケン・ミュージアム」が見える。

 

 

クルーズ乗り場

f:id:adamtomoko:20170921014728j:plain

アイビー・ゼラニウム。

 

こちらは「ハイネケン・ミュージアム」の直ぐ前。

 

女船長さん、カッコ良い。

 

 

f:id:adamtomoko:20170921014819j:plain

アイビー・ゼラニウム、グレコマ。

 

この場所も1度載せてるけど、その時と全く花が違うワ。

前はチューリップやムスカリ等、球根植物で春の寄せ植え。

どちらも素敵で、季節が伝わる。

 

 

通り 1

f:id:adamtomoko:20170921015532j:plain

ペチュニア、アイビー・ゼラニウム。

 

通りにハンギング・バスケットがずーっと続く。

 

ハンギング・バスケットは何度も登場してるけど、1基1基微妙に色のバランスが違うし...今を盛りの綺麗さで...何度も見てネ。

 

このストリートを載せるのは初めてだヨ。

花飾りも今年からかも...。

この先にダッパーマーケットがある。

 

 

f:id:adamtomoko:20170921015632j:plain

ペチュニア、アイビー・ゼラニウム。

 

そろそろダッパーマーケットに近付いて来たかナ。。

 

 

通り 2

f:id:adamtomoko:20170921020320j:plain

アジュガ、ゲラニウム、三尺バーベナ(ボナリエンシス)、セキショウ、レックスベゴニア、アイビー・・・。

 

こちらの通りには、ウッドコンテナの寄せ植えが何基も。

 

 

広場 3

f:id:adamtomoko:20170921020559j:plain

ペチュニア、ミニ・ペチュニア、アイビー・ゼラニウム・・・。

 

こちらは Dam 広場。

この広場にも大型丸コンテナが3、4基。

 

 

さあ、少し前のから今日のホヤホヤのまで、花飾りいくつも見たネ。

花達も、自分達の姿が最高の時を見て貰えて嬉しいんじゃない?

 

次の花は、フラワー・ショップの花かナァ。

皆、見て貰いたがってウズウズしてるのヨ。ヨロシクね。。。

アムステルダム 家ご飯事情 49

今日は、家ご飯。

 

 

栄養源 1

f:id:adamtomoko:20170917054140j:plain

このドロドロ、マズいもう一杯!みたいなグリーンの飲み物。。

 

息子が、歯痛で食べられない私に運んで来たスムージー的ジュース。

何入ってるか忘れたけど...体に良いもの・栄養素、いっぱい。

 

愛情もいっぱいかナ??ありがとう。

 

 

栄養源 2

f:id:adamtomoko:20170917054258j:plain

フルーツにヨーグルトかけ好きな私に、これ又運んで来た。。。

 

何と、食べ易い様に私の好きなヨーロッパ・ブドウのグリーンと赤紫が細くスライスしてある。

 

義理のオカさんに優しいのう!

娘はどした!?

多分用事で外出。。。

 

ジュースも飲み干し、、ヨーグルトかけフルーツも完食。

空きっ腹にうぅ応える。

もう体重戻っちゃった。。。と思う。

 

 

ヨーロッパ・ブドウ

f:id:adamtomoko:20170917054349j:plain

ブドウ2種。

 

青ブドウの事をこちらでは何故か wit(ホワイト)、紫を rood(赤)と云う。

 

2種各500g €1.25(約165円)

 

いつも云ってるけど...どちらも種ナシ・皮ごと。手間要らずで美味しい。

 

1.25ユーロは安過ぎだけど、、大抵どこかでセールになってる。

ずーっと買ってるけど、冬もあったっけ??

なくなったらどうしよう!?

 

 

おつまみ

f:id:adamtomoko:20170917054435j:plain

生ハム4種、ブドウ。

 

ブドウはチーズとも良く合うネ。モッツァレラに最高。

巨峰じゃなくても、代用出来ます。

 

 

お昼ご飯 1

サラダ

f:id:adamtomoko:20170917055353j:plain

コールラビのサラダ。

 

コールラビって生でも OK なんだネ。

 

 

サンドウィッチ

f:id:adamtomoko:20170917055301j:plain

タップリ・バター、モッツァレラ、ハッシュドポテト、オムレツ、生ハム、の全部乗せ。ミニキュウリ。

 

これは太る宝庫でしょ。

タ~ップリ、バター200gつけたヨ!と脅かす。。

 

 

お昼ご飯 2

サラダ

f:id:adamtomoko:20170917055450j:plain

ポテトサラダ。

 

ポテトサラダ、懐かしいネ。日本の味だった。

 

 

ポトフ

f:id:adamtomoko:20170917055548j:plain

ポトフ(豚、ソーセージ、ジャガイモ、キャベツ、サヤエンドウ、グリンピース、ニンジン)。

 

こちらは、栄養タップリのヘルシー料理。

ピリッと胡椒が美味しいデス。

 

 

デザート

ライスプディング

f:id:adamtomoko:20170917055700j:plain

ライスプディング(オーツ、チアシード)

 

オーツが入っているので、主食代わりにもなるネ。

優しい味で、ほんわか甘く美味しい。

 

 

お昼ご飯 3

下準備

f:id:adamtomoko:20170917060609j:plain

エビ、サーモン、アンコウ。

 

綺麗に洗ってキッチンペーパーに。

アンコウは翌日の分。

 

何の下準備かと云うと...食べたかったトムヤムクンだーーー!

 

 

トムヤムクン

f:id:adamtomoko:20170917055950j:plain

出来上がりー!

 

見て!オレンジ色のスープの美味しそうな事。

 

本格的に材料入ってるヨ。

有頭エビ、タケノコ、マッシュルーム・・・。

コリアンダーもたっぷり。

 

 

タイ料理

f:id:adamtomoko:20170917060711j:plain

トムヤムクン、ココナッツカレー、そうめん、お豆腐。

(お素麺グルグルッと丸めたつもりがただの山。お素麺、山にしたのは私。。。)

 

ココナッツカレーにお素麺が合うのは日本に居た時からご存知。

お豆腐とも良く合う。 

お素麺は日本のお土産。お豆腐はアジアン・ショップで。

 

この日はタイ料理を満喫したヨ。本格的!!

 

 

ビーフステーキ

焼き上がり

f:id:adamtomoko:20170917061437j:plain

あら!まだあるの!?

 

お肉焼き上がり。

 

 

スライス

f:id:adamtomoko:20170917060912j:plain

綺麗な色でしょ。

 

見た目通り柔らかいデス。

 

流石の私も、小さめ1切れ2切れ・味見程度だったヨ。

 

 

デザート

プラム

f:id:adamtomoko:20170917060947j:plain

こんな色のオーガニック・プラム。

 

実が大きく種が小さく実ほぐれが良いスグレもの。食べ易く美味。

 

 

今日はこんな家ご飯デシタ!又。。。

 

 

 

日本からのお土産事情

ウフ。。

日本からのお土産事情を書くネ。

 

日本から其々...こちらが頼むものもあるけど思い思いに熟考?して持って来てくれる。

 

先ず..着いたら、、ちょっと一休み、いや半休みくらいで下に置いてある自分達のスーツケースから何回かに分けて上へ運んで来る。

 

私達もワクワク嬉しいけど..遥々日本から持って来てくれた人達は、熟考の末の自分達のお土産を早く広げたいんだヨネ。。。

 

贈られ主の私達の反応を見たいのヨ。

喜ぶ顔が見たいんだヨ。

 

贈り物って、そうじゃない!?

相手に喜んで貰いたい一心だヨネ。。。

 

なんちゃって..貰うのは私達なのに...。スミマセン。ナニさま!?

 

 

お土産 1

f:id:adamtomoko:20170915070327j:plain

日本の親戚若者が持って来てくれたもの。

 

前来た時も、カレーのルー10何個。と、お米しょって。

 

それが私達にとてもウケたので、2度目の今回もルーとお米。

晴天の霹靂!? 食べるの勿体ない様ナ。。。

それから、なくて取り寄せたと云う希少価値のお酒。これは息子に。

 

色々ありがとう。さぞや熟考・厳選!

 

 

お土産 2

f:id:adamtomoko:20170915070425j:plain

親戚若者に他の親戚があれこれ持たせてくれたもの。

 

色々あるネ。。ありがとう。

 

私が欲しがってた、ユースキンのチューブ。文具品まで。

日本の文具はスグレものだものネ。

 

スグレものは国其々。。。

オランダは、オーガニック系やハム・チーズの類い。

日本は、細かいものにスグレもの多し。

 

 

お土産 3

f:id:adamtomoko:20170915070522j:plain

娘の友人のお土産。

 

すすすす、すし太郎、こんなに沢山。

外国人の来客の時、少ない和食器で日本食を振舞うんだけど、、こんなお酢ご飯、皆喜ぶの。ありがとう!

 

ヤ!桜でんぶが反対だ。

桜でんぶ...懐かしいぃ。

あの甘い何とも不思議な味だった。子供の頃。。。

錦糸卵も何パックかあったのヨ。早くも使ってしまった。。。

 

他にお高いであろう、バッグも戴いた。

 

娘の友人は、母と2人でオランダ旅行。

私達は、1度の招待とアムステルダムを少し案内しただけなのに、、沢山のお土産!

 

私はその母と母同士親しくなった。それもお土産。。ありがとう!

 

 

今日は、ちょっと目先変わって...お土産の紹介デシタ。

皆、愛情がこもってるネ。。。

 

 

 

 

アムステルダム 「モニュメント オープンデー」 3

「モニュメント オープンデー」2日目の話。

 

2日目は友人を誘った。

欲張って2人誘ったら、、2人共都合がついたし見たかったんだって。

1人じゃないと..100人力の気がして来る。。

朝の10時に待ち合わせて、どこを回るか3人で(殆ど私より若い2人にお任せの体)暫し考慮。

 

「モニュメント オープンデー」・・毎年行われているイベントで、歴史的遺産である建造物が一般公開される2日間。

 

たった2日しかアムステルダムに居ないと云う旅行者もどこかの会場に来ていた。

 

オランダはイベント、目白押し。

その中でも「モニュメント オープンデー」、なかなかの人気。

どの会場も待てない程じゃないけど、かなりの人の列。

 

 

Koninklijke Wachtkamer

f:id:adamtomoko:20170913063150j:plain

王室待合室。

 

モニュメント最後の60番。

ページの後ろをめくってみたら、セントラル・ステーションに60番の記しがしてあったので、、じゃあ先ずは直近から攻めましょう、と3人で歩いて来た。

 

 

入口

f:id:adamtomoko:20170913044231j:plain

普段利用しない階段を登って来たら、、あった。

 

こんな処に王室の待合室があったなんて!

目の前はプラットホーム。

 

インターネットで予約が必要だったみたい。知らずにやって来た私達。

1度は断られたけど、朝一で空いていた所為か、お情けで入れて貰えた。

 

やはりここでも、ガイド付き。英語とオランダ語で話してくれた。

哀しいかナ..どちらにしたって...。。

 

友人の1人が通訳してくれた。

国王さま方がお出かけの際、こちらで休憩を取られるとか。。。

外国の来賓の方々も利用されるんですって。

 

いつも思う。。国民に近い存在の国王家。

 

 

カフェ

f:id:adamtomoko:20170913045338j:plain

どこかナ??

 

まだお茶には早過ぎる。始まったばかり。。。

 

内部撮影許可!

だけど..使用禁止。

 

で、絨毯とかステンド・グラス?とかお見せ出来ませんの。残念!

 

 

紋章

f:id:adamtomoko:20170913045457j:plain

階段の上部壁面に、アムステルダム市の 紋章 ××× 。

 

利用しない階段だから全く気付かなかったワ。

 

 

De Waag

f:id:adamtomoko:20170913063237j:plain

ニューマルクト広場にある「De Waag(計量所)」跡。

 

 

計量所跡 

f:id:adamtomoko:20170913045557j:plain

5つのトンガリ屋根を持つ、文化財建造物。

 

私達が辿り着いた時は、日曜日の市で賑わっていた。

 

 

内部

f:id:adamtomoko:20170913045633j:plain

2Fの部屋の天井。

 

普段見られないと云う事で、1488年に造られた城壁の1つだと云うこの建物の外観から、どんな内部が待っているんだろう。。と思って上がって来たら...想像もつかなかったこの部屋。

 

ふ~~ん!!意表を突いた天井。

 

 

ガイド

f:id:adamtomoko:20170913051656j:plain

スゴいネ。皆熱心に聴いてる。

 

質問も飛び交い、、小さな女の子まで。。。

残念な事に通訳してくれる友人が他へ。

解ればどんなに良いだろうか。。。

 

 

絵画

f:id:adamtomoko:20170913054145j:plain

レンブラント「テュルプ博士の解剖学講義」1632

 

何故このレンブラントのレプリカがあるかと云うと...

計量所として1Fが利用され、2Fは解剖学の講義などが行われていて、その様子がレンブラント作の「テュルプ博士の解剖学講義」として描かれたのだそう。

 

世界中の知る人となったレンブラントですもの。

彼の出世作がこの部屋から生み出されたなんて!

それで、この絵があるのも納得し過ぎと云うもの。

 

ニューマルクト広場・・直ぐ近くにチャイナタウンが広がっていて、セントラルからも近い便利な場所。

 

この歴史ある建物の1Fはカフェになっている。

 

 

De Bazel

f:id:adamtomoko:20170913063317j:plain

素敵なテーブルと椅子のあるこの写真に魅せられて、友人希望の「De Bazel」にやって来た。

 

だけど、ドアが通れなかったり..エレベーター乗ったり降りたりしてみたけれど...写真のこの部屋まで辿り着けず。

 

 

銀行風景

f:id:adamtomoko:20170913055306j:plain

 19世紀に貿易会社の建物として造られ、20世紀に入って銀行として使われる様になったのだそう。

 

だから、当時の写真が飾ってあったのネ。

その他にも、市の古文書保管やパーティー会場等に利用されている。ですって。。

 

どうせなら見学する建物内部でお昼食べたいヨネと云い合って、ここの半2Fのレストランでランチにしたの。

まあ、お決まりのサンドウィッチ的なもの。

何故か写真ナシ。

 

 

Huis De Vicq

f:id:adamtomoko:20170913063412j:plain

通訳してくれた友人と別れて覚束ない2人になって、この会場へ。

 

と云っても私より遥かに英語が出来る友人と2人。

 

 

中庭

f:id:adamtomoko:20170913051900j:plain

ここでもガイドの人が居た。

 

親切な事に英語かオランダ語に分けてガイドしてくれる。

尤も、私には日本語が親切なんだけど。。。

 

仕方なく、それでも英語組かナ...。

 

 

室内 1

f:id:adamtomoko:20170913064106j:plain

天井画。

 

素晴らしい構図だネ。

上から見下ろして..下から見上げて...。。。

 

 

室内 2

f:id:adamtomoko:20170913052027j:plain

云い様もない程素晴らしいピンク。

 

パンフレットより実際の色が綺麗。

 

 

室内 3

f:id:adamtomoko:20170913052130j:plain

暖炉。

 

調度品としても暖炉は絵になるヨネ。

 

暖炉の上の鏡に写っているのは、ガイドの人に話を聴いている人達。

 

個人のお宅だった建物だと思うけど..私には情報入って来ない。。。

 

 

出口

f:id:adamtomoko:20170913054447j:plain

入口は、この先1Fから。

 

待ってる人が沢山居るワ。

 

 

De Arend

f:id:adamtomoko:20170913063652j:plain

ヘーレン運河沿いにある「De Arend」

 

オランダ貿易会社だったのが、今は弁護士事務所が入っているそう。

 

 

内部

f:id:adamtomoko:20170913054541j:plain

階段。

 

アールデコ調の階段に大きな花の設え。

 

 

室内 1

f:id:adamtomoko:20170913054613j:plain

天井。

 

何でも素敵。

 

 

室内 2

f:id:adamtomoko:20170913054716j:plain

絨毯。

 

素晴らしい絵柄。

 

 

室内 3

f:id:adamtomoko:20170913054837j:plain

アジサイ、ストレリチア・・・。

 

ストレリチア、こんなにぶら下がって咲くかしら??と思ったけど多分ストレリチアと思うけど。。

 

最初、立派過ぎて造花かと思ったのヨ。

そしたら花瓶にお水が入っていた。。。

 

この会場も折角なのに、、情報書けなくて内部を画像で見て貰うだけ。。。

 

 

こんな、2日間の「モニュメント オープンデー」デシタ!お疲れさま!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

アムステルダム 「モニュメント オープンデー」 2

今日は昨日の続き「アムラス・ホテル」。

 

 

アムラス・ホテル

入口

f:id:adamtomoko:20170911043120j:plain

ホテルの中から、入口を撮ってみた。

 

これもオープンデー、ならでは。。。

 

妄想すると...、私はバレリーナで舞台の袖から客席を覗いてる。。気分。

 

 

バー・ラウンジ

f:id:adamtomoko:20170911043218j:plain

1人で勝手にフラフラ。

 

 

レストラン

f:id:adamtomoko:20170911043257j:plain

背もたれの色が素敵!目が覚める。

 

 

ガイド さん

f:id:adamtomoko:20170911043441j:plain

何人かガイドする人が居る。

 

途中で、彼女について行く。

折角の説明も言葉解らずで...意味ない様な気もするけど、自分では見なかった処まで案内してくれたので、、やっぱりガイドさん。。。

 

ホント云うと、それよりこのTシャツが欲しい。

「モニュメント オープンデー」の冊子のデザインがそのままTシャツに。。

素敵だヨネ。。。

 

もしかしたら売っているのかも...と聞いてくれた人がいたけど、、売り物用は1枚もないんですって。

ボランティアのスタッフに配ったんだそう。

終了時、スタッフの誰かに聞いてみたらくれる人が居るかも知れない。。だって!

居ないヨネ。。。

 

それより...自分がボランティアのガイドになれば良いんだワ。。。

しかしそれには、難関が...。ご存知の様に語学問題で引っかかる。。。

 

 

3Fから

f:id:adamtomoko:20170911043555j:plain

ガイドさんについて来て、3Fへ。

 

15名くらいの人達が説明を受けてる。

私は下を覗いてパチリ。。

 

見てヨ!青リンゴが見えるでしょ。5つになってる。いつの間に。。

名探偵が登場して、この写真が動かぬ証拠だ!...みたい。。。

 

 

ステンド・グラス 1

f:id:adamtomoko:20170911045036j:plain

天井、壁面。

 

赤や黄や緑ではないけれど...、これもステンド・グラスでしょうネ。。

茶色が重厚感を増している。

 

 

ステンド・グラス 2

f:id:adamtomoko:20170911045107j:plain

地図や羅針盤が描かれている。

 

ライトも吊り下げて、より装飾的。

皆、ワォッ!と云ってるワ。

 

 

ステンド・グラス 3

f:id:adamtomoko:20170911043653j:plain

側面にも装飾が施されてる。

 

 

ステンド・グラス 4

f:id:adamtomoko:20170911044638j:plain

食事室。

 

格式ある特別な食事室の様。

 

大きな窓からはカナルが望め、左手がセントラル駅。

駅から直ぐで、立地も素晴らしい。

 

 

ビュー

f:id:adamtomoko:20170911045138j:plain

右手にコッパーグリーンの、まるで船の様な科学技術博物館が見える。

 

 

テーブルセッティング

f:id:adamtomoko:20170911045207j:plain

お皿の色が素晴らしい。

 

ナプキンのたたみ方もゴージャス。

 

 

暖炉

f:id:adamtomoko:20170911045302j:plain

何とも、アンティーク風な暖炉。

 

まだまだ見せ場はあったけど、取り敢えず要所要所を。。

 

当ホテルとしては...この渋いステンド・グラスは最高に誇るものだと思う。

当時のまま、手を加えていない箇所もかなりあるみたい。

外観通り...歴史ある由緒正しきホテル、なんだヨネ。

海運が盛んな頃の事業所?として、素晴らしく活気があった事を随所に窺わせるホテル。

 

友人がアムステルダムに来たら...

「アムラス・ホテル」に泊まりなヨ。

と云いたくなる。。。

 

 

と、今日は2夜に渡って、オープンデーの「アムラス・ホテル」デシタ!

アムステルダム 「モニュメント オープンデー」 1

土日の今日と明日は、建造物の無料オープンの日。

 

オランダの各地で行われているらしい。

 

アムステルダムは、これ ↓

オランダ人が小冊子貸してくれた。

 

 

パンフレット

f:id:adamtomoko:20170910063001j:plain

普通のノートの半分くらいで結構厚い。

 

 

内容

f:id:adamtomoko:20170910063201j:plain

運動仲間のオランダ夫人も小冊子持ってて、このページを指差してくれた。

 

良く見たら...家から割と近い。自転車で行ける。

 

アムステルダムの中で60ヶ所が載っている。

雨も上がったみたいだし...家族も行けってうるさいから...手始めに行って来る。

 

  

アムラス・ホテル

外観

f:id:adamtomoko:20170910063232j:plain

ケータイ・マップ頼りに辿り着いた。

 

あ~~何だ~!このホテルだったのネ。。知ってる。。。

ここ良く通るとこ。

ホテルの前は素通りだけど、重厚そうなホテルだナァといつも思ってた(5つ星ホテルだった!)。

 

そうかぁ..この中見れるのネ。良いじゃん!来て良かった。

 

 

来場者の列

f:id:adamtomoko:20170910063305j:plain

軽い気持ちで来てみたら...並んでる!

 

ひえ~。結構な人数。

 

 

内部

ポスター

f:id:adamtomoko:20170910063400j:plain

オープンデーのポスターかと思ったら、、この日を記念して今日と明日、お茶やランチがスペシャルなんだワ。。

 

隈なく見せてくれて、このお値段。

(実は..そんな事知らず、悪いからお茶と甘いもんでも食べて帰ろうかナ、なんて思って座ったのヨ。でもどう云うワケか、誰も来ないので席立った。)

 

 

フルーツ

f:id:adamtomoko:20170910063540j:plain

沢山のフルーツとジュース。

 

 

客室

f:id:adamtomoko:20170910063626j:plain

来場者は、カップルや中高年ご夫婦や旅行者も。

 

其々思い思いに見学。

私は1人で1Fの客室廊下へ。。

 

 

窓から

f:id:adamtomoko:20170910063808j:plain

雨が上がってすっかり良いお天気。

 

エレベーターで4Fまで行ってみた。

通りから見たホテルの国旗を裏側から。

こんな事もオープンしてるから出来た事。

 

オランダって面白いヨネ。。と思う。

 

 

ステンド・グラス 1

f:id:adamtomoko:20170910063848j:plain

これがパンフレットに載ってたステンド・グラスね。

 

4Fから撮ってみた。

 

教会等のステンド・グラスとは、又違った重厚感があるこのステンド・グラスはここのホテルの自慢ヨネ。

なかなか、ホテルにはないと思うナー。。。

 

 

絵画 1

f:id:adamtomoko:20170910063927j:plain

廊下に絵が沢山飾ってある。

 

 

絵画 2

f:id:adamtomoko:20170910064001j:plain

ここは天使画。

 

 

1F食堂

f:id:adamtomoko:20170910064048j:plain

1Fに戻って、ここは食堂。

 

宿泊客用かしらネ。

 

 

サービス

f:id:adamtomoko:20170910064200j:plain

柑橘類が入ったサーバーのお水とリンゴ。

 

私達来場者の為に置いてくれてるみたいヨ。

グラスがなくなったら直ぐ補充されてた。

リンゴも食べて良いんだヨ。この綺麗な青いリンゴを私も貰った。ありがとう。

 

至れり尽くせりはこの国で良く感じる。

 

 

天井

f:id:adamtomoko:20170910064309j:plain

下から上を見上げる。

 

 

ウィンドウ

f:id:adamtomoko:20170910064953j:plain

2人の天使が通りを眺めてる。

 

帆船の模型があるネ。

随所に船があった様な...。

 

歴史は良く解らないのだけど、元は海運業にまつわる建物だったらしいワ。。。

日本語のパンフレットが欲しいネ。いつも思う...。続く。

 

 

オープンデー、1日目の今日は「アムラス・ホテル」。

書き切れなかったから、明日もう1度アムラス・ホテル。

1日目が終わってないのに、明日も行くんだヨ~。オープンデー2日目に。