読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

パンダがオランダにやって来た

今日は、ホットな話題にするネ。

 

昨日12日、念願のパンダがオランダに無事到着したんだって!!

 

テレビの画像からは、大事に大事に専用の箱に入れられてKLM の貨物機で輸送されるパンダ2頭が映し出されていた。

 

今年2017年は、大使級外交関係樹立45周年に当たると云う事で、その45周年節目の年に中国からオランダに贈られたパンダ2頭。

 

2015年に国王ご夫妻が中国を訪問した際の約束が、今年果たされた。

 

中国は、その国のトップが中国を訪れた国だけに、パンダを贈っているんですってネ。。。

 

共に3歳のパンダの名前は。。。

男の子 Xing Ya(シンヤ)...エレガントな星。

女の子 Wu Wen(ウーウェン)...非常に強い雲。

 

何だか男の子と女の子の名前の意味からすると逆な様な気がするけど...、テレビで云ってたのに間違いがなければ..合ってる。

 

 

オランダ・テレビ

f:id:adamtomoko:20170414050655j:plain

テレビで放映。

 

これから慣れるまで中国からの飼育係も滞在して、最終的に2頭のパンダは中部レーネンの「OUWEHANDS動物園」で暮らすんですって。

 

皆に温かく迎えられて..元気に長生きして欲しいヨネ。

近い将来2頭の間に赤ちゃん誕生のニュースが聞けたら嬉しいネ。。

 

初めてのパンダ2頭を迎えて、早くもレーネンの街はパンダ・ブームだそうヨ。

ぬいぐるみからチョコレート、クッキーまで。。。

 

私も近々行きたいと思ってる。。

シンヤとウーウェンの写真を撮ったら見せるネ。

 

 

では、早いけど..今夜はこの辺で。。。

オランダで、ホットな話題を載せました。

 

 

アムステルダム 春のガーデンセンター事情 1

つい先日も花事情でこのガーデンセンターの事は書いたけど、その時は急いでグリーンだけを見たヨネ。閉店時間に近かったので..。

 

今回はゆっくり見て回った花や資材のあれこれ。

 

 

入口

f:id:adamtomoko:20170413045349j:plain

ラベンダー、サルビア、バーベナ、ロベリア、アキレア、クレマチス、ワスレナグサ、アビス、フェスツカ、ホスタ、アイビー・・・。

 

あッ、入口の壁面の植物達もう入れ替ってる。

素敵だネ。今後の成長を見たいネ。。

 

 

シード

f:id:adamtomoko:20170413045916j:plain

パッケージが統一されて勢揃い。豪華。。

 

花と野菜とあるけど、野菜だけかナ...Bio シードと書いてある。

 

 

オーガニック苗

f:id:adamtomoko:20170413054840j:plain

Bio のイチゴ。

 

Bio(オーガニック)・・Bio のラベルを取得するには、様々な細かい規制があるのだそう。

基本は、人工的な手を加えず自然のまま。有機。それは未来の地球の為に良い事。

 

6連ポット 6.99ユーロ(約815円)

(今日のレート 1ユーロ=116.24円)

 

このエリアは広い範囲で、Bio 野菜が売られている。

購入したら..有機で育てよう。。。

 

 

ガーデニング・ブーツ

f:id:adamtomoko:20170413045946j:plain

「ローラ・アシュレイ」のオシャレなガーデニングブーツ。

 

ガーデニングブーツ 29.99ユーロ(約3490円)

 

昔、フランスで買ったと云うガーデニングブーツを履いて来た人が居たけど...そうネ、こんな花柄。

 

 

サボシューズ

f:id:adamtomoko:20170413050021j:plain

同じく、ローラ・アシュレイのサボ。

 

サボシューズ 24.99ユーロ(2900円)

 

 

ポット苗 1

f:id:adamtomoko:20170413050332j:plain

ペチュニア。

 

限りなく黒に近いペチュニア。

パンジーやヴィオラにもブラックがあるけど、ここまで黒に近付いたのはつい近年の事ヨネ。

 

ペチュニア1P 1.99ユーロ(約230円)

 

 

ポット苗 2

f:id:adamtomoko:20170413051205j:plain

ペチュニア。

 

スゴい!!

このツートンカラーは、初めて。

最近花に遠ざかっているので、自信ないナ~。出回ってるの??

 

 

ポット苗 3

f:id:adamtomoko:20170413051255j:plain

ペチュニア。

 

すさまじい進化の勢い。

 

 

ポット苗 4

f:id:adamtomoko:20170413051330j:plain

ペチュニア。

 

このピンクも初めて。

白いペンキかけちゃった様だネ、全く!

 

 

鉢物 1

f:id:adamtomoko:20170413051432j:plain

ラナンキュラス。

 

この間、フラワー・ショップで切花を見て、ラナンキュラスの姿の変わり様にビックリしたけど、鉢花で売られていた。

 

そうなのかぁ。。私がラナンキュラスの変化を知らなかっただけなのかぁ。。。かも。

 

 

鉢物 2

f:id:adamtomoko:20170413051453j:plain

ラナンキュラス、ヘリクリサム・シルバー。

 

フラワーショップの切花で売られていたのが、この色。

 

 

鉢物 3

f:id:adamtomoko:20170413051540j:plain

ビデンス。

 

一般的に、初夏から夏花壇を賑わすのは黄色いビデンス。

ウインターコスモスと呼ばれている。

 

このオレンジも初めて見た。

まるで、蛍光色。

 

初めての物が多過ぎて...もう少し足繁く通わないと駄目だワ。

花に置いてかれちゃう。。。

 

 

今日は、ここまでネ。トピアリー仕立てのツリー等、明日又。

アムステルダム カナルクルーズ乗船 2

どう!?

 

船はアムステル運河沿いをゆっくりと滑って行くヨ。

 

 

15:46

f:id:adamtomoko:20170412010837j:plain

窓ガラスが1枚あるので、余計なものも写っちゃっているけど、我慢して。

 

青い空と、どこまでも続く可愛い家並みと行き交う船。

皆、手を振り合うヨ。

 

 

15:47

エルミタージュ美術館

f:id:adamtomoko:20170412010942j:plain

エルミタージュ美術館・・ロシアのエルミタージュ美術館のアムステルダム別館。

 

アムステル運河沿いに建つこの美術館の前は、日光浴する人々でいっぱい。

 

そんなに陰湿な冬と云うカンジはしないけれど、ここの人達は太陽に恋焦がれてるみたい。

私が、暖かいナ..と感じた日にはもう、肌もあらわな若い人達でカフェもストリートも溢れるくらい。。。

 

皆、"太陽好き" なんですワ。

 

 

15:48

人々 1

f:id:adamtomoko:20170412011114j:plain

幸せそうに、陽射しの中で語り合ってる人々。

 

日曜日のこの日、本当に良く晴れて..綿ジャケットを私でも脱ぎたくなった。

 

こう云う光景、日本ではあまり見ない様な...。日曜日だから..だけでもなさそうネ。。

基本的に、陽を浴びながら外でお喋り..が好きなんだネ。

ゆったり自由に見える。。。

 

 

15:53

公園

f:id:adamtomoko:20170412011151j:plain

いつでも、晴れてればピクニック気分なんだネ。

 

時間に追われてるカンジがないヨネ。余裕。。

 

 

15:56

国立海事博物館

f:id:adamtomoko:20170412011321j:plain

入口は右手の通りから。

 

右手の道は良く通ってるんだけど、こうして船から改めて眺めてみると、湖の上に建ってるんだワ。。ふぅむ。

 

この博物館で、船と海にまつわる歴史に沢山触れる事が出来ると思うヨ。

お好きな方は是非!

 

 

15:57

展示船 

f:id:adamtomoko:20170412011516j:plain

アムステルダム中央駅(セントラル)から歩いて程近い「国立海事博物館」の前方に位置してる。

 

いつも湖を隔てた通りから見ていたので、こんなに間近。こんなに大きい。

 

東インド会社の航海に専ら活躍した船のレプリカと聞いた。

詳しい事は前方の博物館で。。。

 

こうやって見ていると、威圧させる雰囲気があるネ。

 

 

15:58

f:id:adamtomoko:20170412011620j:plain

船が反対側も撮れる様に進んでくれたので、撮れた。

 

へ~。。通りからじゃ、こちら側は見れない。

クルーズ、、大したもんだワ。

 

 

16:00

人々 2

f:id:adamtomoko:20170412011707j:plain

どこへ行っても沢山の人達ネ。

 

どんな処も語らいの場にしてる。陽さえあれば...。

 

オランダの人達の日常だヨ。

 

 

16:06

セントラル・ステーション

f:id:adamtomoko:20170412011754j:plain

あら、いつの間に!!

 

懐かしい中央駅に帰って来た。

もう終わりかぁ。。。

 

扇状に広がる環状運河なので、1時間で1周する事が出来る。良いコースだと思うワ。

 

 

16:08

出発の船。

f:id:adamtomoko:20170412011834j:plain

これから出掛けるのネ。

 

ただいま!行ってらっしゃい!

 

 

16:17

上陸 

f:id:adamtomoko:20170412012048j:plain

サクラソウ?、ヒアシンス、スイセン、ムスカリ、プリムラ・ジュリアン、パンジー、ヴィオラ・・・。

 

「無事にお帰り!」の花が迎えてくれた。

 

船の上の人になって、1時間。

あぁ、今日は日曜日で素晴らしいお天気で、船を出す人達も多く..湖上はかなりなラッシュだったんだ。

それで、いつもより航海は時間がかったらしい。良かったじゃん!

 

狭い水路に入って行く小型の船同士、お互いの船を手でよけながら通ってた。

 

 

16:19

大型コンテナ・ガーデン

f:id:adamtomoko:20170412012205j:plain

ヒアシンス、ムスカリ、ムスカリ・アルバ、スイセン、プリムラ・ジュリアン、ユーフォルビア、アセビ。

 

素晴らしい大型植え込み。

単純な花達なのに、色が綺麗。元気。

 

カナルクルーズの1会社がこんなに花に拘ってるなんて!

他の会社も、乗船場にやっぱり植え込み。大型ハンギング・バスケットも設置されていて...流石、花の国と云うところ。。。

 

 

昨日に続いてアムステルダムの、今日は船上から眺めた人々の様子。

 

カナルクルーズ、どうだった!?

私はスゴく楽しかった。知らなかった事も知り得たヨ、少しネ。。

アムステルダムに来る事があったら..アムステルダムの運河を1周するカナルクルーズを体験してみて。

 

お付き合いありがとう。又明日。。

アムステルダム カナルクルーズ乗船 1

随分前に、乗ってもいないクルーズ事情書いたけど...、昨日乗りました。。ついに!

 

友人から、チケットあるからとお誘いのメール。

えぇッホント!?

 

昨日は、この春始まって以来の陽気。。20度だって!

こんな日は外行かなきゃ勿体なさ過ぎ。

 

ありがたいお誘いに、綿のジャケットでやって来た。

ホントにクルーズ!?嬉しいナ~~!

 

 

カナルクルーズ Lovers

f:id:adamtomoko:20170411051531j:plain

いつも、横目で通り過ぎる船乗り場へ、初めて足を踏み入れた。

 

 素敵な植え込みが迎えてくれる。

 

 

14:51

乗船

f:id:adamtomoko:20170411052435j:plain

乗り込むヨ。

 

云い忘れたけど...乗船時間1時間。代金(サービス値段)16ユーロ?

私は友人のおかげさまで、タダ乗りデス。。

 

1時間だって!嬉しいネ。

 

 

船内

f:id:adamtomoko:20170411053949j:plain

向かい合わせの3人掛けの椅子にテーブル。

 

そこの壁にイヤホンガイドの機械が。

 

入口でイヤホン渡された私は、どうせ英語かオランダ語じゃ要らないワと思って断ったの。

 

そしたら!何と。。中国語まである!そして...まさかの日本語。

それじゃ、要るワ。イヤホン。

 

 

15:04

アダム・トーレン

f:id:adamtomoko:20170411052645j:plain

船が動き出した。

 

船からノード側を眺める。

 

さあ、いよいよ1時間の船の旅。ワクワク。

 

早速、イヤホンから日本語でガイドの声が聞こえて来る。

ハッキリ、ネイティブ日本語。

英語もオランダ語も話せる友人も、気楽だからと日本語にする。

 

母国語でガイドされると...、普段如何に不自由だったか解るってもんだワ。

ガイドだけは、シッカリ母国語でして貰わなくちゃネ。。と思ってしまった。

里心がついた様な気持ち。。。

 

 

ボートハウス

f:id:adamtomoko:20170411052725j:plain

水辺の一角の権利は相当するんですって。

部屋を積み上げても良くて、3階建てのボートハウスもあるそうヨ。

 

機会があったらお邪魔したい。

 

 

f:id:adamtomoko:20170411052807j:plain

こんなお天気だもの。

船の所有者達は、家族や友人を誘ってビールや食料品積んで、、大海原(湖だけど..)へ船を出すワ。

 

ステイタスなんだろうネ。。

 

 

15:17

アンネ・フランクの家

f:id:adamtomoko:20170411052846j:plain

其々の国の言葉で説明されたんでしょうネ。

船の人達、一斉に眺めてる。

 

「アンネ・フランクの家」

いつも混んでるけど、日曜日の上天気だし、かなりの混み様。

 

まだ行けてない私。

アンネが暮らした屋根裏部屋。。。

 

 

15:21

家並み 1

f:id:adamtomoko:20170411053832j:plain

船はゆっくり進んで行く。

 

ガイドは耳元で絶えず説明してくれてるけど、、脳が追い着かない。

メモが出来ないからネ。

其々の国のプリントでもあると良いんだけど...。。

 

説明も聞きつつ..写真撮るのに余念がない。。

結果..説明はうろ覚え状態。

 

 

15:29

家並み 2

f:id:adamtomoko:20170411072858j:plain

いつもは、通りを歩きながらそんなにハッキリ屋根の形とか見てないけど、こうやって船からだと良く見える。

 

一見同じ様に可愛い家が並んでいるけど、、どの家も少しずつ違っていて皆玩具の家みたいでしょ。

 

ここから暫くはプリンセン運河沿いの家並み。

(「プリンセン運河」について、説明があったけど、長くなるし正確じゃないと困るので省きます。)

 

 

15:31

家並み 3

f:id:adamtomoko:20170411054354j:plain

どの家も住みたくなるくらい可愛くてお菓子の家って云っても通るヨネ。

 

 

15:32

家並み 4

f:id:adamtomoko:20170411054514j:plain

暫く家並み続く。

 

説明ナシで見て行ってネ。

 

 

15:33

家並み 5

f:id:adamtomoko:20170411054640j:plain

古い歴史のある家々は、入口・外観は勿論家の内部まで勝手に変えたりしては駄目なんですって。

ちゃんと許可が必要。

 

家並みを眺めるだけの私には、この景観が変わらぬ事は嬉しい限り。旅行者に取ってもヨネ。

 

アムステルダムらしさよ永遠に!

 

 

15:34

家並み 6

f:id:adamtomoko:20170411054753j:plain

この街路樹が少しずつ葉を付け出して来て..家並みに溶け込んでる。

 

アムステルダムの運河の風景。

 

 

15:35

家並み 7

f:id:adamtomoko:20170411054848j:plain

葉が乱舞してるってくらい。

 

 

15:36

家並み 8

f:id:adamtomoko:20170411054957j:plain

運河と、どこまでも続く家並みと街路樹。

 

 

15:37

家並み 9

f:id:adamtomoko:20170411060409j:plain

ずーっと家々見てくれてるけど、、私もこんな風にじっくり見た事ないかも。。

 

クルーズに誘ってくれた友人のおかげさま。

初めての、アムステルダム・クルーズだヨ!

 

 

15:43

家並み 10

f:id:adamtomoko:20170411055101j:plain

 写真だけ見て行って。。。

 

 

15:43

家並み 11

f:id:adamtomoko:20170411084532j:plain

アムステルダム究極の家並みの数々。

 

思い残す事ないくらいの家々だったでしょ。

こんなカンジの家々が絵にもなってるし..陶器にもなってる。。。

 

 

明日は、船から見た陸の人々や建物や公園の様子。

船から見る景色は全く違った表情を見せてくれる。。又明日。

 

 

 

オランダ 幼児向け絵本 3

今日、図書館から息子に連絡が来た。

 

ご予約の本入ってますヨ。

 

そう、息子が私の為に2月初めに予約してくれたんだ。

何の本かと云うと...1月の末に1人でナイメーヘンへ行って、そこの雑貨屋で偶然手にして心惹かれた幼児向け絵本。

大変人気があるらしく、2ヶ月以上経った今日の遅い連絡。

 

絵で、内容を少し理解出来た様な出来ない様な...ままだったので、ヨシ!本を借りたらどんなストーリーなのか、しっかり勉強するゾ。

早速午後7時半過ぎから、息子達と図書館へ。

スゴいネ。10時くらいまで開いてるんだワ!? 

 

 

アムステルダム市図書館

子供フロア 1

f:id:adamtomoko:20170408064508j:plain

1Fの受付で予約の本を受け取って、もっと借りて来て良いヨと息子に云われ、子供のフロアまでやって来た。

 

大人の階も、こんな円形の陳列棚だったヨネ。

 

街の図書館も子供エリアは良かったけど..アムステルダムの市の図書館はさすがだワ。

図書館とは思えない様な開放された自由な雰囲気。オシャレ。

 

こう云うセンスは、スゴいと思う。

これだけで情操教育になりそう。

 

 

2

f:id:adamtomoko:20170408064542j:plain

子供達も、この空間で楽しみながら本を選べるネ。

 

 

3

f:id:adamtomoko:20170408064636j:plain

見てヨ!ここは又違った空間でしょ。

 

 

4

f:id:adamtomoko:20170408064709j:plain

右はエスカレーター。中央にエレベーターもあるヨ。

 

何と云っても、遊び心いっぱいの堅苦しくないところが絶賛に値すると思うナ。。。

 

 

椅子

f:id:adamtomoko:20170408064852j:plain

オランダの人気キャラクター「イップ(男の子)とヤネケ(女の子)」。

 

実は今日迄知らなかったんだけど、、日本にも紹介済みらしい。

因みに一緒にいるネコはピムちゃん、ポムちゃんだそう。

 

この椅子に座って子供達、写真撮影したりするらしいヨ。

 

 

ハイテク機器

f:id:adamtomoko:20170408064927j:plain

このフロアにこの機械が2基あって、借りる本をこの機械でチェック。

 

勿論私に出来るワケもなく、息子が。。

貸し出し窓口で人の手を借りてやって貰うイメージしかなかったので、あまりのハイテクにビックリ。

ちゃんと、返却期日のシートも出て来る。

 

あ~あ。。絵本の内容すら理解しがたい私は...!

 

 

絵本

f:id:adamtomoko:20170408065056j:plain

これですヨ!この絵本。。

 

見覚えのある人も居る!?

 

ほのぼの哀しくなる様な..表紙の絵。

 

明日から、ケータイ・トランスレート片手にしっかりお勉強して内容を把握したいと思います。。。

 

 

図書館入口

f:id:adamtomoko:20170408064956j:plain

午後8時半を回った図書館。

 

2Fは隣のカフェが繫がっているらしく、沢山の人。

 

「コーヒー飲んで帰ろうか。」

混んでいたので、ここでのお茶は諦めて他を探す。

 

 

ホテルのカフェ

f:id:adamtomoko:20170408065137j:plain

セントラル駅の方へ歩いて行きながら、ホテルのカフェへ寄る。

 

ワインじゃないけど、何とも大人の雰囲気。

図書館の帰り、夜のホテルのカフェなんて!

 

コーヒーには甘い物ないと駄目な私は、小さいの1つ頼んだ。

そしたら、コーヒーに可愛いマカロンが付いて来た。何だぁ。。

 

 

夜景

f:id:adamtomoko:20170408065210j:plain

夜9時半。図書館のサイド。

 

コーヒーも飲み終わって家路へ。

 

駅までの道を歩きながら、図書館の横へ出て来た。

「見てごらん!」

娘に云われて見上げたら...わ~、何て綺麗!図書館。

少し離れた場所からだったので、画像イマイチ。実際は何倍も綺麗だったヨ。

 

何だか今日は、図書館までの話で終わっちゃう。。

さてさて...この、ほのぼの哀しい(勝手に解釈してるだけ)お話の全容はいつ!?

 

アムステルダム 花事情 81

昨日で80回を向かえたって話だったのに、懲りもせず今日は81回目。

 

オランダは春になったら花で大変。

こんな花あんな花が後を絶たずで..ついつい81回、82回と続いてしまう。。

 

 

ユンボ

鉢物

f:id:adamtomoko:20170407014206j:plain

ラン。

 

対岸のユンボ。

ランがセールになっていた。

 

ラン1鉢 5.99ユーロ(約710円)

(今日のレート=117.87円)

 

色も色々、ミックスのラン。

何種類か買って、一緒に植えても素敵。

5鉢植えても3500円!。素敵で豪華なコンテナ・ガーデンになるヨ。

 

 

花束

f:id:adamtomoko:20170407014257j:plain

バラ、ガーベラ、マム、アルストロメリア、ユウギリソウ、カスミソウ。

 

春のブーケ 9.95ユーロ(約1180円)

 

セールじゃなくても 12.45ユーロ、1500円弱。

 

 

リース

f:id:adamtomoko:20170407014358j:plain

イースターのエッグリース。

 

10ユーロくらい??

 

 

フラワー・ショップ 1

ブーケ 1

f:id:adamtomoko:20170407014808j:plain

ガーベラ、バラ、ヒアシンス・・・。

 

ブーケ 10.00ユーロ(約1180円)

 

決め手は、ヒアシンスの可愛さだネ。

 

 

ブーケ 2

f:id:adamtomoko:20170407014833j:plain

ガーベラ、バラ、小輪マム、スターチス、ソリダスター、カモミール、カーネーション?。

 

ブーケ 10.00ユーロ(約1180円)

 

ブーケの中の花はそんなに変わらず定番が多いのに、花の色の組み合わせで全く印象が違う。。

 

楽しいネ。色鉛筆で色をつける様に色を楽しみたいネ。

隣の花との色の効果で、今迄知らなかった配色に気付くかも。。。

 

 

フラワー・ショップ 2

ポット苗

f:id:adamtomoko:20170407013742j:plain

スキミア。

 

淡いグリーンのスキミア1P 5.99ユーロ(約710円)

 

バスケットの中の1ポットだヨ。。全部なら良いネ!

 

 

鉢物

f:id:adamtomoko:20170407014519j:plain

ヘデラ・へリックス。

 

この写真、何で撮ったかと云うと...プリザーブド・フラワーで、この実付きのヘデラを葉物として買った事があるのヨ。。日本で。

葉はこの通り。実は黒くて、熟し終わったのか少ししぼんでいた。

 

ヘデラに実がなっているのは(ラベルの写真だけど)、プリザーブドでしか見た事がなかったから...出逢えて良かった。

 

 

コンテナ・ガーデン

f:id:adamtomoko:20170407014556j:plain

スイセン、スキミア、ヒアシンス。

 

株元のミニリンゴが何て可愛い!

 

スキミア(赤)・・スキミアの赤の固まりから1つずつ弾けて、白い小さな花が咲く。

この固まりは、実ではなくておそろしく沢山の小さい蕾って事ネ。

赤から白へ、、つまり..2度楽しめる。

最近では斑入りの葉もあるヨ。

 

遠くの方でぼんやりして見える花は、、もしかしたら花が開き切って煙った様に見える薄グリーンのスキミアの花かも。。。? ロマンチック!!

 

 

屋外マーケット

ポット苗 1

f:id:adamtomoko:20170407014649j:plain

プリムラ「ゼブラ」。

 

ジュリアンかナ..ポリアンサかナ...。ポリアンサっぽいネ。

日本で、ちょっと似てるの育てたけどこんな色はなかった。

 

今はある?日本も進んでいるからネ。

 

プリムラ3P 7.00ユーロ(約825円)

 

 

ポット苗 2

f:id:adamtomoko:20170407014735j:plain

プリムラ・ジュリアン

 

これはジュリアンだネ。

このカンジは何年も前に日本で出てたヨ。

 

こちらでは、何故か高額。

どこか違うのか...?

 

プリムラ3P 8.50ユーロ(約1000円)

 

 

さて、今日も花で陽が暮れて...てか、夜も更けて。。。毎度の事デス。

アムステルダム 花事情 80

今日で花事情も80回目を迎えます。

 

記念程の数字じゃないけど今日は私作のアレンジメントを。。。

 

80回ってかなりの数字じゃない!?

良く街のあちこちで見つけて来たヨネ。

 

見つけてくる私も大変(←好きで見つけて来る..と云う説もある)。それを見てくれる人も大変。ありがとう!

 

それで今日は、家の中で。。春の日のアレンジメント。

 

 

花材

f:id:adamtomoko:20170406034319j:plain

バラ、小輪スプレー咲きストック。

 

ユンボで何気に買いました。

 

バラ10本 2.99ユーロ(約355円)

ストック1束 3.99ユーロ(約470円)

(今日のレート 1ユーロ=118.13円)

 

バラよりストックの方が高かったんだヨネ。

 

だけど、ストックの束がかなり大きいので20本入っているのかナと思ったくらい。

後で茎を数えたら何と8本だった。。

そのくらい、沢山に見えたの。

 

まあ、花の枝がそれだけ多いって事だから、お得デス。

アレンジメントには、スプレー咲きが本領発揮の出番だヨネ。。

 

 

アレンジメント

f:id:adamtomoko:20170406034357j:plain

「サクラをイメージして」

 

この時期、ピークにサクラを迎えてる。

 

小輪スプレー咲きのストックの色が愛らしく..サクラ色だヨネ。

で、サクラに見立てて我が家で観賞。

 

ストックを中心に立たせて、周りをこれもサクラ色に近いバラで埋める。

器は、ミニトマトが入っていた丸いプラスチック製の入れ物。

オアシスが透けて見えるので、周りをチュールレースのピンクで巻いて前でリボン結び。

チュールレースの様な布地を買っておくと、リボン代わりになったり器を隠せたり..と何かと便利。

 

ストックはバラと同様、簡単にドライフラワーになるので、このアレンジのままドライにするつもり。。

理想は、バラの為に逆さに吊るしたいところだけど...。

 

上手く行ったら見せるネ。

 

 

それでは、今日はこの辺で。1つだけのアレンジメント載せました。

目が痛いのと、オランダ語の宿題があるので。。。四苦八苦ですワ!!