読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66才からのアムステルダム生活

66才(女)語学(ダメ)コミュ力(多少)が、海外移住をしてみたら。。

アムステルダム 花事情 56

今日は私の花をお送りします。

火曜日、友人のご主人のお誕生日の花とお世話になってる人と、2つのアレンジメントを作ったの。

コスト的には1人より2人分作る方が良いネ。

たまたま2人上げる人が居て良かったワ。

 

アルバート・カイプマーケットはちょっと遠いので、この日はダッパー・マーケットへ。

確か2軒花屋さんがあるワ。

 

と思って、自転車走らせて行ったら、どう云うワケか花屋さんないの。

消えちゃった。そんなに広くないので端から端まで歩いてみたけど。。

出店はその日によるみたいネ。

 

フラワー・ショップ 1

f:id:adamtomoko:20160610032042j:plain

アサギリソウ。

通りに出てる花屋さんじゃなく店舗のフラワー・ショップに行ったの。

屋外マーケットとはちょっと違う花揃えのお店。

高目だけど、素敵な花が有りそうで。

 

f:id:adamtomoko:20160610032118j:plain

小輪マム(コギク)。

アサギリソウとこのマムに目を付けておいて。。

 

ユンボ

f:id:adamtomoko:20160610032148j:plain

バラ。

まあまあ可愛いお値段も可愛い、中輪のバラ。

頭にさっき見た2つの花色浮かべながら、ピンク系2種選んだヨ。

1束10輪1.99ユーロ。

 

2種類のバラをゲットして、先程のフラワー・ショップへ逆戻り。

忙しいネ。でも花屋さんの梯子なんて当たり前。

 

f:id:adamtomoko:20160610032337j:plain

1束はこんなカンジ。

ご丁寧に1束ずつ1袋の切花延命財剤が付いてるワ。

 

フラワー・ショップ 2

f:id:adamtomoko:20160610032213j:plain

アスパラガス・スプレンゲリー。

又戻って来たヨ。

目を付けていた、アサギリソウと小輪マムと。

そしてネ、さっきからチラチラ考えていた、このアスパラガス・スプレンゲリーの鉢植えをグリーンの切り葉の代わりに買う事にしたワ。

 

アスパラガスの切り葉もあった様な気がしたけど、無駄に束が大きいし。

鉢植えならネ、枝を切ってアレンジに使った後も家で育てられるじゃない。

小苗なら安いし、一石三鳥ってもんヨ。

 

アレンジメント 1

f:id:adamtomoko:20160610032303j:plain

出来上がり。

外寸20cmのオーバル形。

云い訳させて貰うけど、ホントは色がもっともっと綺麗なの。

全体には春の霞とでも云う様な色。ホントだヨ。

光の加減とか、私の腕じゃどうにもならない。

 

アレンジメント 2

f:id:adamtomoko:20160610032406j:plain

15cmくらいの丸いバスケット。

色が、もっと実際と似てない画像になっちゃった。

 

かかった費用・・2品で2000円くらい。

 

ラッピング

f:id:adamtomoko:20160610032444j:plain

セロファンでカバーしてからバスの中で撮ってみた。

いくらか、春の霞に似て来たワ。

もっと素敵だったんだヨ~~!

 

f:id:adamtomoko:20160610055714j:plain

アスパラガス・スプレンゲリー。

こんなカンジで育てます。

これからの季節、グングン大きくなるヨ~。

 

資材

f:id:adamtomoko:20160610032550j:plain

実はネ、ダッパー・マーケットでゲットなしじゃ帰れない的な気持ちでうろうろしてたら、花の資材ショップがあったの。

と云っても、種類少なく小さなお店。

直ぐに目に入ったのが、籐のリボンが付いたオーバルのバスケット。

どこでもアレンジメント用バスケットが売ってなくて。。

おまけに2個で1ユーロ。

買うっきゃない。6個くらい大人買い。

他にも小振りで使えそうな物をいくつかゲットしたら、、店主のオジさんがどんどんどんどん買ってもないのに、袋に入れてくれるの。

えぇぇ!良いの!?と思ってる間にコレも?と目で聞くので頷く私。

そんなワケで写真の様になった次第。

アレンジで使った2つのバスケットもアスパラガスの鉢カバーも隣のガラスの器もだヨ。

 

プレゼント品詳細

f:id:adamtomoko:20160610055951j:plain

ちっちゃいんだ。可愛いの。色も素敵。

プリザーブドに使ったら良いワ。大きさもちっちゃくて良いし。。

 

日本では死ぬ程置いてある私の資材だけど、こちらでこの手の物をいつも探してて、見つけた!と思ったら。。こんなに沢山!

ありがとう。行く度覘くネ。